瑞雲学園Q

山梨県の富士急ハイランドで現在行われている艦これとのコラボイベント「瑞雲祭り」。

行きたいなと思っているところへ、同じく行きたいと思っていた友人と意気投合。
車を出してもらい、一泊二日で富士急へトラベルという運びになりました。

二人なら、(テンテコマイも)飛べるさ。


・・・
IMG_20170701_115425.jpg
デデドン!

圏央道八王子JCを華麗に見過ごし、茅ケ崎まで出て焦って折り返し、軽く2時間ほどロスした段階で天気も崩れ始め、富士急は二日目に延期して甲府市にある武田神社までやってきました。

IMG_20170701_115846.jpg
武田神社はその名の通り武田信玄を祀っている神社。武田の本拠地躑躅ヶ崎館跡地にあります。近くには山梨大学もあるよ。

IMG_20170701_120009.jpg
裏門。

IMG_20170701_120106.jpg
ゆきぽもいるよ。

IMG_20170701_120249.jpg
間取図




IMG_20170701_125202.jpg

ぐるっと回って正面入り口。

IMG_20170701_124937.jpg
入り口から本殿へ至る階段には風林火山の軍旗がはためく。旗だけに。



IMG_20170701_125012.jpg
「あっ、面白いと思います…」







IMG_20170701_120732.jpg
手水鉢も武田の家紋武田菱! このデザイン性の素晴らしい事よ。


IMG_20170701_124726.jpg
ごほんでーん。


IMG_20170701_121104.jpg
よく見ると武田家紋祭り。


IMG_20170701_121154.jpg
※アシスタント:友人Ask氏。いつも一人旅で一人でこそこそゆきぽフォト撮ってるからもう一人いると中々心強い。


IMG_20170701_123238.jpg
境内にある資料館ないにて、唯一撮影可能な武田信玄像。
他にも戦国時代の上杉毘沙門天旗や風林火山の旗など貴重な文化財が展示してあるのでお寄りの際はぜひ見て行ってください。



IMG_20170701_141031.jpg
お昼はご存知山梨名物ほうとう。
きしめんのさらに上を行く幅広の麵と根菜盛りだくさんのボリュームフード。
若干味は薄口だったのでちょっち意外。




そこから50分程車で移動し
IMG_20170701_161238.jpg
富士見の名所として知られる忍野八海に。
いやもう観光客でいっぱい!


IMG_20170701_161009.jpg
富士山の雪解け水が滝のように流れる。
目の前の売店の人が水量を調整しているようで、合図とともに堰を切ったようにドバドバ水が流れ出した。



IMG_20170701_161517.jpg
人が(外国人観光客が特に)大井っち。

IMG_20170701_162226.jpg
水がきれい(スマホのカメラでは通用しなかった)

IMG_20170701_164756.jpg
私の勝手なイメージでは忍野って知床並みの広さだと思い込んでいたので、歩きで一時間もあれば十分見て回れる場所だという事が分かって狼狽。青木ヶ原樹海の延長かなんかだと思ってたんだもん。

IMG_20170701_173530.jpg
この出口池だけは離れているので車か何かで見に行った方が吉。それかここを起点にして忍野の中心を見るのが利口かも。



その後、河口湖近くまで車で移動。そこで山梨名物その②
IMG_20170701_180553.jpg
吉田のうどんである。
もうなんていうか麺にコシとかそういうのはなく、細長いグルテンとでもいうべき独特の食感。



この日は河口湖近くの旅館に一泊。


Ask氏とブラタモリを見ながらミリシタ雪歩が出るまでチキチキライブレース杯を開催しつつ、アルコールをつまみながらまろやかな時間を過ごしました。雪歩はどちらもドロップしませんでしたが。

就寝!
IMG_20170701_192510.jpg
※氏が寝静まった後に、静かにかつ熱くフジヤマがボルケイノしたのである。


朝チュン(二日目)

私のみ4時起床。早起きして色々回ろうという癖がついていて旅先では早く目が覚めてしまう。
氏を起こさないように静かにミリスタをプレイし雪歩を掘る。 出ない。

7時くらいまで起きなかったのでその間結構のへのへやってました。

その後は旅館の朝ご飯を頂き、チェックアウト。
朝から天気も悪くないので、今日は本当に富士急日和なのでは…!?
IMG_20170702_071040.jpg
宿の窓から見えるフッジサーン。頭だけ隠れちゃった。



ラッピング電車が走っているらしいので、それに乗るため河口湖駅まで移動。


IMG_20170702_084908.jpg
目当ての電車が来るまでまだちょっと時間があるのー。

富士山の近くだけあって外国人観光客もたっくさん。(そんな写真はない)
IMG_20170702_090257.jpg

特急もあるのだ
IMG_20170702_090311.jpg






30分程待機。
IMG_20170702_091825.jpg
キタコレ!


IMG_20170702_091827.jpg
瑞雲中毒が通るぞー!道を開けろー!


IMG_20170702_091835.jpg


IMG_20170702_091840.jpg


IMG_20170702_091848.jpg
予想以上に気合入ってるぅ―。 (しかし球磨ちゃんはいない。)


乗車☆
IMG_20170702_092715.jpg
中刷りもかよぉ!

IMG_20170702_092705.jpg
ガッチガチである。


3分ほどで富士急ハイランド駅に到着。ホームから改札へ出ようとするとそこには
IMG_20170702_094322.jpg
ぼのおぼコンビだ!


IMG_20170702_095004.jpg
改札を超えて入園するとそこにもおぼの!! 駆逐さんかい?はやい、はやいよ!


ちなみにコラボ入場券で入ると
IMG_20170707_080509.jpg


IMG_20170707_080537.jpg

瑞雲祭り仕様パンフレットと

IMG_20170707_080606.jpg
コラボカードがもらえます。

この瑞雲コラボイベントでは、艦娘のパネルの近くにあるスタンプ台でぺったんすると特典がもらえるスタンプラリーと、艦これラッピングボート、瑞雲使用になったテンテコマイと見所盛沢山。
とりあえずスタンプラリーから始めてみた。

15種類の艦娘パネルを廻って売店のお姉さんにスタンプ帳を見せると特典シールがもらえるよ。
IMG_20170702_101850.jpg
①大和


IMG_20170702_102411.jpg
②鈴谷


IMG_20170702_102545.jpg
③暁


IMG_20170702_102757.jpg
④ビホルダーさん


IMG_20170702_103404.jpg
⑤赤城


IMG_20170702_103108.jpg
⑥時雨


IMG_20170702_103622.jpg
⑦榛名


IMG_20170702_104214.jpg
⑧最上(何故か瑞雲祭り仕様じゃない)


IMG_20170702_104813.jpg
⑨ダイソン


IMG_20170702_112427.jpg
⑩三隈


IMG_20170702_112641.jpg
⑪神通さん


IMG_20170702_113014.jpg
⑫マスター瑞雲


IMG_20170702_113421.jpg
⑬伊勢


IMG_20170702_113728.jpg
⑭熊野


そして
IMG_20170702_121437.jpg

IMG_20170702_121445.jpg
⑮高飛車空母






IMG_20170702_104715.jpg
道すがら、壁に穴が開いているパネルがあったのでゆきぽを突っ込んでみるの図。
(本当は人が頭から突っ込む用)


IMG_20170702_111337.jpg
噂の鉄骨番長。(雪歩の実家みたい・・・?)




大和パネルの近く、第二入り口広場に
IMG_20170702_100046.jpg
ワオ!ズイウン!!


IMG_20170702_102036.jpg
瑞雲師匠と瑞雲弟子のパネルもあるよ。っていうか個別パネルはなんで祭り仕様じゃなかったんだろう…。




IMG_20170702_112349.jpg
園内を見物している間に晴れに変わってきて富士山こんにちわ状態。
今まで富士山をこんなにくっきりと肉眼で見たことが無かったのでちょっと感動。

IMG_20170702_121148.jpg
お昼時なので限定メニュー発売中のフードコートへ。
巨大連装砲ちゃん!?どうしてここが…!?

IMG_20170702_114630.jpg
コラボメニューのひとつ、第六駆逐隊の甘口カレー。コーンが入っているのとゼリーが二個ついてくるのが特徴。
辛党なので一味唐辛子を山ほどかけて食べました。

特典としてクリアファイルが二種類から選べるでごいす。


IMG_20170702_124103.jpg
ラッピングボートも運行中。

IMG_20170702_112923.jpg
地味に書き下ろしの金剛姉妹ハーフ

IMG_20170702_112915.jpg
ハイパーズ。…球磨姉ちゃんや多摩姉ちゃんはいらっしゃらないのですかぁ!?

二人で乗れるらしいので乗ってみる。
ちなみにボートは選べないので運を天に任せましょう(一応乗り待ちボートの配列から予測自体は出来る)


…荷物を後部座席に置いてしまい、写真がとれぬぅ!!
○乗った感想○
成人男性二人はガタイ的にキツイ。足が完全に伸ばせないのであん馬みたいな恰好で漕ぐしかない。絵面的にもキツイ。
二人で漕ぐとかえって進まない。片方が操舵をして片方がスピード調整するのが効率的。
驚異のバック走行もできる! 
艦これACと操作の癖が似ているのでAC勢はその感覚で縦横無尽に動かせること請け合いである。

制限時間は10分を目安に戻ってきてくださいと係員に言われたのでコース一週分を廻ってこれぐらいだろうと判断して帰投。
400円である。安い。
気温も超高いのでほぼ全身汗だくである。キツイ。


本題
IMG_20170702_113021.jpg
日向師匠の脇にあるテンテコマイ。

ここで瑞雲に乗ろう、というのが今回のビッグテーマ。

IMG_20170702_113041.jpg
遠目で分かりづらいけどちゃぁんと瑞雲塗装になってますん。

テンテコマイ概要:飛行機に乗って上空に舞い上がり、グルグル回り出すのでそのあと両手のレバーで翼を操作し、風を利用して自分自身もローリングしようという乗り物。(説明しづらいので動画かなんかで見て下さいhttps://www.fujiq.jp/special/tentekomai/
自分で自分を回すのである。何というマゾラクション。

この自回転数がトップだと限定艦これポストカード(だったと思う)をもらえるっていうんでこりゃあ張り切って大回転せなあかんなと思っていました。


30分程順番待ちをしてると順番が。荷物は眼鏡からかばんからポケットの中のものまで全てコインロッカーに預けて登場準備完了。近視で乱視だから裸眼はつらい…。

係員が厳重にシートベルトをして運行スタート。地上32mまでゆるゆると上昇し、公転開始。
(おおう予想していたほどじゃないけど高いし速いなぁ、よし頑張って回転するか!)
事前説明通りに片翼を下方、もう片翼を上方に向けて
回転ッ!

回転ッ!!

回転ッ!!!



…しなかったのである。絶望的にへたくそすぎて回転しなかったのである。
(いや待てまだ時間はある慣れる時間はまだ…)
終了

ぐるぐる回らされて羽をバタバタさせて帰ってきただけである。
そりゃあ気持ちよかったけどさ…。
俺は瑞雲になれない。




瑞雲ハイランドは今月いっぱいまで展開しています。
もし富士急に行く場合はお早めにどうぞ。
スポンサーサイト

この広島の片隅で

前日しまなみ海道を縦断し、アルマゲドン張りに悠然と尾道にたどり着いたのに塩対応をされて打ちのめされた私に、
IMG_20170517_191314.jpg
夕暮れ時の景色が優しく語り掛ける。
この何となくピントの合ってない感じが、疲労感を醸し出しているだろう?

IMG_20170517_191254.jpg
尾道城天守閣。歴史的なものでは全くなく、観光スポットの一環として建てられたお城。城の博物館としてやってましたが今はもう廃墟。こうしてみるとちょっと生気ないかも。

今回のお宿はこの城のほぼ向かいにあるビュウホテルセイザン。山の中腹にあるので中々に歩くとしんどい。
そして外装はタイ風で陽気な音楽がかかってて尚且つデーハーなライトアップ…。尾道かいここ…?

「大丈夫か!今回大丈夫か!俺大丈夫か!やばい宿とっちゃったんじゃないか!」と猜疑心を持ちながら恐る恐る宿内に入ってみると、感じのいいお姉さんが出てきて

「いらっしゃいませぇ!ここまで歩いて来たんですか大変だったでしょう。しまなみ海道渡ってきたんですかそりゃぁお疲れ様でしたね!夕ご飯はもう食べてきました?うんうん今日はゆっくりお休みになってくださいね!(にこにこ)」
smile.jpg
※イメージ的にはアルパカちゃん。

無題
※癒しのあまり落涙 見た目で判断してすまんかったお姉さん…。

IMG_20170518_042720.jpg
部屋から見た尾道の夜景。このスマホのカメラは夜景とかズームとか全く向かない。


IMG_20170518_052341.jpg
朝ぁ―!!(激しく運動しても旅先では5時に起きる男)

3_201705211251247e4.jpg
偶然OPと同じ構図ぅー!!(ちょっとずれてる?)

人が起き出す早朝であればいいゆきぽ写真が撮れるってもんよぉ!散策するのにも涼しくってもってこい!
尾道は約10年ほど前、四国遍路の帰りに立ち寄ったことがあるんですがまだ行ってないところもあったので今回は本腰を入れて見てみたかった。

尾道ファーストキャット。くろーい。
IMG_20170518_052229.jpg
尾道は坂の町。そして狭い路地が多いため猫が至る所にいる猫の町。
でも狭い道も住民にとっては生活道路なのでバイクだ何だとせわしないところ(イオン周辺とか特に)もあるのでぼーっとは出来ない。

IMG_20170518_052422.jpg
おい、犬もいるじゃねえか たむろっぷりがヤンキーみたい・・・。

IMG_20170518_052705.jpg
千光寺付近にある恋人の聖地。 サイクリストの次はラブツーリストかよ冗談じゃねえぜ!


IMG_20170518_052840.jpg
撮るよ。


IMG_20170518_053530.jpg


IMG_20170518_053510.jpg
猫の小道に、猫はいませんでした・・・。


IMG_20170518_053110.jpg
でも近くにハドソンのキャラクターみたいなのはいたよ。


IMG_20170518_053740.jpg
千光寺方面

IMG_20170518_054051.jpg


IMG_20170518_054100.jpg
尾道には朝日が良く似合う。


IMG_20170518_053936.jpg
山も海もあるんですー。



IMG_20170518_060001.jpg

石段を下っている途中、向こうから悠然と突っ込んでくる猫あり。
「おっなんだ、やる気か?」
身構えていると足元にすり寄ってきてゴロゴロ言わしよる。
何だ甘えん坊だなぁと思ってちょっと腰を下ろしたらば

IMG_20170518_055426.jpg
この顔である。なんの迷いもなく人の膝の上に乗っかってきて気持ちよさそうにうつらうつらし始めた(でかくて重い)。

IMG_20170518_055350.jpg

ChXkq4-UgAAWjhJ.jpg



IMG_20170518_060127.jpg
すっかり陽も登ってしまった。

IMG_20170518_060617.jpg


IMG_20170518_060500.jpg
猫の朝集会?

IMG_20170518_060344.jpg


IMG_20170518_060356.jpg



IMG_20170518_060147.jpg
よく尾道の写真で見る構図ですね。

IMG_20170518_060850.jpg


IMG_20170518_065047.jpg


IMG_20170518_063700.jpg
ちょくちょくすれ違う猫がごろニャンしてくる


IMG_20170518_063822.jpg

IMG_20170518_065430.jpg


これはかみちゅ!に出てくる来福神社…!?

4.jpg


この艮(うしとら)神社の社殿がモデルになっったようです。


IMG_20170517_190555.jpg

学校も

5.jpg



1_20170521125121633.jpg
10年前に訪れたときはゆりえさまの家も発見できたんですが今回は何故か探し当てられず断念。



JRに乗って福山駅へ(かみちゅTV未放送回で章吉とみこが最初に行った所)。
そこからバスに乗り
IMG_20170518_091907.jpg
鞆の浦へ


鞆の浦と言えばやっぱりポ…蒼穹のファフナーでしょう。(調べたら尾道もモデルでした)
IMG_20170518_093103.jpg

IMG_20170518_094552.jpg


IMG_20170518_095816.jpg

IMG_20170518_095618.jpg
遠くに見えるのは鞆の浦のシンボル常夜灯

IMG_20170518_095944.jpg
玉木宏のお出迎えだ。


IMG_20170518_100048.jpg
この常夜灯とくれば


8.jpg
そう、ファフナーだ!

でも土台が高すぎてとてもじゃないけどカジキ君のように座る事なんてできないぜ

IMG_20170518_100118.jpg


IMG_20170518_100133.jpg
「プロデューサーはそこにいますか?」

IMG_20170518_101754.jpg
「我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈ったドMとして知られる山中鹿之助の首塚。


IMG_20170518_104914.jpg
正面には仙酔島が見えるよ!


鞆の浦も堪能したのでここから呉へ(電車で2時間半である)


IMG_20170518_143347.jpg
お呉れにいさあああああああん!!
(列車到着駅メロは宇宙戦艦ヤマト)

IMG_20170518_144025.jpg
大和ミュージアムまでは駅から直通で行けはる。


IMG_20170518_144317.jpg


IMG_20170518_144433.jpg
戦艦陸奥の41cm主砲。

IMG_20170518_144337.jpg


IMG_20170518_144441.jpg
そしてスクリュー。


IMG_20170518_144856.jpg
館内には1/10大和の模型が。

IMG_20170518_145117.jpg
ローアングルからも見れるよ。


IMG_20170518_151155.jpg
別室には酸素魚雷

IMG_20170518_151239.jpg
零戦もあるよ。


IMG_20170518_151334.jpg
三式弾と徹甲弾もあるってばよ!

IMG_20170518_151805.jpg
模型コーナーにあった戦艦扶桑。


IMG_20170518_151817.jpg
やはり面白すぎる艦橋。


IMG_20170518_152726.jpg
てつのくじら館。大和ミュージアムを見てる間に閉館時間になってしまって入れなかった・・・。


IMG_20170518_155125.jpg
護衛艦…かなぁ。一般公開日じゃないから遠くからしか見られない…。

最後の晩餐
海軍カレーも食べてみたかったけど広島焼きも食べたかった。
でも両方一緒に食べられるお店はなかった・・・。
なので広島焼きである。
IMG_20170518_174440.jpg
そもそもカレーとお好み焼きを一緒に食べようなんて贅沢な思考はあかんでおますということでしょうかね。


広島空港近くのホテルに一泊して

かえる!!



IMG_20170519_095609.jpg
今回は行きも帰りも飛行機の窓側に座ることが出来てハッピー。
そして眼下には琵琶湖である。
飛行機からでも良く分かるこの形状。


なかなかにハードな旅でした。体力的にもさることながら、どこか店に入るたびに学園ハンサムの志賀君並にハードボイルドでニヒルなあんちゃんおっちゃんに接客されて地味に「OH…」って感じ…。私の人相が良くないからなのか、たまたまなのか…。
でもサンライズ糸山のおっちゃんとかフェリーのおっちゃんなんか気さくだったしな…。
私も今回険しい顔していたかもしれない口の中口内炎だらけだったしな…。

しまなみ海道次に行くときは逆ルートから巡りたいものですなぁ。


おまけ
IMG_20170519_125935.jpg
JR我孫子駅名物「からあげそば」400円
どでかい唐揚げが鎮座ましますその偉形。めんはそばなのかうどんなのか良く分からない太さとコシ。
肉も大きいけど衣もすごい。アメリカンドッグかよといいたくなるような重装甲。
一度乗り換えの際にお試しあれ。

しまなみペダル

人々のGWが終わり、精神的に疲弊するころに広島旅行を計画していた男がいた。
IMG_20170515_212445414.jpg


ゆきぽ専用キャリーバッグを新入手し、士気は高い。


今回の日程 3泊4日
一日目 今治
二日目 しまなみ海道 尾道
三日目 尾道 鞆の浦 呉
四日目 帰り

自転車が好きなので、サイクリストに人気のしまなみ海道を是非に走ってみたいと思ってこういうスケジューリングになりました。
自分のチャリでそりゃあ走りたいけど輸送費がえらいので現地のレンタサイクルで走破しようという試み。

まずは飛行機に乗って松山に行くために成田へと
IMG_20170516_135249.jpg
離陸時間までだいぶあったので成田山で寄り道。

IMG_20170516_140026.jpg
「正月のブラタモリでやってましたねプロデューサー!」
成田山も結構見所あるんで関東に遊びに来たら行ってみてね!


そして時間が来たので空を飛んだ―――――

IMG_20170516_183955.jpg
ここが、松山…ここがあああああああ!!!(夕暮れ)
夏目漱石の坊ちゃんですよ! 道後温泉ですよ!でも今回は寄らない!!
目指す先は今治市。ここに一泊して翌早朝に自転車を借りてしまなみ海道に挑む散弾。

JR(各駅)で今治へGO!!
IMG_20170516_194106.jpg
このワンマン列車すごいよぉ!!操舵室と一号車の間に区切りないんだもん!

(既に帰宅時間なのに乗客があまり乗っていないことに気付いたとき、それはあまりにも各停のダイヤがぐずぐずなのでみんな特急に乗ってしまっているという衝撃の事実に気付くのは数十分後の事…)

途中でやってきた特急に乗り換えなければ深夜に宿に到着することだったでしょう。のっけからなんというスリル。

お宿で一泊。ちなみに夕飯は着いた時間がアレだったもので開いている店がほとんどなく、情緒あふれるファミリーレストランビッグボーイでハンバーグを食べました。おいしかったです。

二日目。
IMG_20170517_054527.jpg
朝一で今治城へ。今治に行くなら見ておきたかった。外様ナンバーワンの藤堂高虎が建てた城ですね。海から水を引いて掘に入れている珍しいお城。
IMG_20170517_054707.jpg

IMG_20170517_055445.jpg
主君をめったやたらと変えた(変わった)ことでも有名な藤堂高虎。
IMG_20170517_060550.jpg
「今バリィ!です。」

IMG_20170517_062114.jpg
視力測定も出来てしまう超絶縄張り。

IMG_20170517_072506s_201705201713053f2.jpg
一通り満足したので電車でお隣波止浜駅へ。ここから歩いて30分程の所にレンタサイクル屋さんのサンライズ糸山があります。

茨城を彷彿とさせるのどかな通りを歩いていると
IMG_20170517_074344.jpg
やや!頭上にしまなみ海道が!
私のイメージではもっとこう道路沿いのサイクリングロードだとばかり思ってたけど

IMG_20170517_074829.jpg
あ、あそこを、行くんでごぜぇますか?!

軽くビビりながらもサンライズ糸山に到着(写真右の建物)。

事前にクロスバイクを予約しておこうと思ったんですが電話してみると予約分は全部出ちゃってて当日配車されるものを狙うしかないとのこと。何とか開店前に並ぶことができ
IMG_20170517_081226.jpg
クロスバイクを借りられました(*'▽')
いやー、これで借りられなかったらどうしよっかなーもうバスかなんかで渡っちゃおうかなーなんて思ってたんですけどね。
若干年季の入ったGIANTのクロス。今日一日よろしくぅ!息合わせてばっちり行こうぜ!

IMG_20170517_081553.jpg
朝8時過ぎにスタートである。ゴール地点は広島県尾道市。道のりは約70km。どれくらいの距離かというと滋賀県大津市から余呉湖くらいの距離。つまりは琵琶湖半周。奇しくも10年近く前に琵琶湖一周サイクリングを決行していたので割と既視感ある。しかも当時は軽快車、今回はクロス。イケる!!

GO!!
IMG_20170517_081935.jpg
奇遇だなゆきぽ、怖いか。俺も高所恐怖症だよ。

IMG_20170517_082133.jpg
風が気持ちいい。(でも高くて怖い)今治側からスタートした時の利点は風の恩恵を受けられることと言われています。追い風が多いんだとか。その代りゴールの「らしさ」は反対側よりも低いとか。

IMG_20170517_082127.jpg
すごいいい景色…(コワイ)
IMG_20170517_082151.jpg
見ろ!船が葉っぱの様だ!!(コワイ)

第一の島 大島
IMG_20170517_091319.jpg

IMG_20170517_091324.jpg
とってもいいお天気!風も追い風!そよ風!でもね、意外と坂が多いの!なんかくどい奴!

海沿いをしばらく走っていると
IMG_20170517_092143.jpg
ワーハシィダァー!!
橋がある=次の島 そしてなにやり橋がある=高い=山登らなきゃ でもあるため
IMG_20170517_092145.jpg
あそこまで登ってかなきゃだめだッぺよー。ミニチュアのいろは坂みたいなのをほこほこ登って
IMG_20170517_092950.jpg
ヒューッ橋だー!ちなみに本当は自転車の通行料取られてしまうんだけど今は無料でやってるみたいです期間限定ですけど。

IMG_20170517_093311.jpg
へへ、ご褒美タイムの下りだぜ…

第二の島 伯方島
IMG_20170517_094532.jpg
橋から降りてすぐの所にある伯方島の道の駅。ビーチが広がる素敵ロケーション。
IMG_20170517_094540.jpg
おお!何気なく見てみたら砂じゃなくて貝じゃないか!踏んだ感触が軽かったから何かと思ったわ!

IMG_20170517_094635.jpg
グラビアフォーユー、もしくは頭だけ出して埋められちゃった感じにも見えちゃうね。埋まってますぅ。

IMG_20170517_094041.jpg
そしてここ伯方島名産の は!か!た!の!しお!!!

IMG_20170517_100915.jpg
まだまだ全然序盤戦ですよー

第三の島 大三島
IMG_20170517_101451.jpg
大三島にはサイクリストの聖地っていう石碑がたっているらしいですって。

IMG_20170517_102956.jpg
海城…初めて見た…。

IMG_20170517_103114.jpg
暑くなってきたのでゆきぽも若干ばて気味。

IMG_20170517_104520.jpg
大三島の道の駅近くの展望台から

IMG_20170517_104459.jpg


石碑を見に行こうとして間違えて展望台の方に出ちゃった。
IMG_20170517_105012.jpg
展望台の下の所にあったよケンちゃん石碑が!この作りましたよって感じのが!!

IMG_20170517_105021.jpg
台湾の日月潭小湖コースと姉妹関係なのね! いつかは台湾で走ってみたいものだわぁ…。

IMG_20170517_105059.jpg
一応人気がなくなってからゆきぽを配置しに行ってます。


IMG_20170517_105112.jpg
「穴掘って出てきましたぁ」


IMG_20170517_105243.jpg
天気が良くてほんとありがたい。そろそろエネルギーが切れて来たのでここいらで早めの昼ご飯を。

IMG_20170517_110541.jpg
側の道の駅で買った今治名物の目玉焼き丼(チャーシュー乗ってるよ)とじゃこ天、オニオンスープ。
この丼結構ご飯の盛りが良くて満腹感がすごい。そしてチャーシューもたぁっぷり。そしてなによりおいしい。

出立です。
もう道の駅から橋のロータリーが見えていたので気合いを入れて一気に駆け上がり、また大橋を突破…

IMG_20170517_114102.jpg
アッー!この多々羅大橋は愛媛県と広島県の県境だったのかーっ!通り過ぎてもうたー!

IMG_20170517_114038.jpg

IMG_20170517_114054.jpg
またいでから撮り直す男。

第四の島 生口島
この辺り写真を撮っている余裕がなく、挙句の果てに道を間違えて3kmぐらいロスしてしまい
小野但馬
割とこんな心境でした。

海岸線を走るルートで気持ちよかったです。ただし風向きが変わってきて若干の向かい風。きちゅい。

第五の島 因島
IMG_20170517_125838.jpg
次はー因島ー因島ー。因島水軍などで名前を聞いたことある方も多いのでは。

IMG_20170517_130128.jpg
レモン畑が広がるフルーティーな島。

IMG_20170517_130138.jpg
なんて・・・なんて地中海的な・・・!紅の豚に出てきそうじゃない? じゃない?そう…

因島と言えば村上水軍。因島水軍城。 しかしそこへいくにはしまなみ海道のルートから少し外れてしまうんだな。

IMG_20170517_133527.jpg
行くけどもさ!!

IMG_20170517_134255.jpg
滅茶苦茶な急坂を登っていくと(流石に自転車から降りてる)ドドンと出てきました因島水軍城。最近(20数年前)作られた城なのでまだぴかぴか。

IMG_20170517_134303.jpg

IMG_20170517_135417.jpg
イケイケゴーゴー状態であった武田信玄を捻ってしまった信濃の村上氏の親戚は瀬戸内海でもブイブイ言わせていた。


IMG_20170517_141350.jpg
佳境に入ってきたので一休み。八朔ソフトを道すがらのケーキ屋さんで買い食い。
(写真撮る時倒して一部欠けた)

しまなみ海道に復帰して
IMG_20170517_144529.jpg

IMG_20170517_144523.jpg
似たような写真ばっかり撮ってないかって?私の心を揺さぶるものは偏っているのだ…。
実際、自転車を一時停止して撮影するのはスゴイ・シンドイなのだ!


IMG_20170517_145430.jpg
橋の写真ばっかり撮って! でも橋の写真撮っておかないとあとでどこがどこだったかわかりづらいんですよぉ!
今とっても助かってる! 
ゴールが見えてきましたよ。

第五の島 向島
IMG_20170517_151012.jpg
尾道から一番近い島・向島。

「さっきわたってきたのがラストブリッジみたいですね」
向島から尾道に行くのにもう一本橋を渡るのでは?
本来のしまなみ海道は確かに橋を渡るのですが、そこの自転車道の幅が狭いという事で推奨されていないのです。
向島から出ているフェリーに乗り、尾道まで渡るのが主流なんですって。

向島はチェーン店が多くて街っぽい。茨城の地方都市にも似てる。

IMG_20170517_155143.jpg
なん・・・だと・・・

IMG_20170517_160322h.jpg
↑ユーホー  ↓ユキホー  ↑↑UFO(いない)
雪歩の名声は、天下に轟いておりまする・・・。(違うんだよ!)


ユキ…ユーホーの近くにフェリー乗り場あり。
IMG_20170517_160856.jpg

IMG_20170517_161042.jpg
さらばしまなみ海道!

運賃は大人100円+自転車10円で110円。
IMG_20170517_161036.jpg
ちょいと暖めてやれば・・・ポン(尾道)さ!

IMG_20170517_161202.jpg
何分もしないうちに到着。

IMG_20170517_174311.jpg

尾道だー!!

多くのドラマや小説の舞台として有名な尾道市。
私的にはアニメかみちゅ!でインプットされてます。
6.jpg
かみちゅ面白いよかみちゅ。


IMG_20170517_175132.jpg
ゴーーーール!!
朝の8時に出て到着は夕方4時ぐらい。寄り道したりして時間かかったようにも感じるけど完走できて何よりだぁ。


尾道港のレンタサイクル回収所に一日お世話になった自転車を返す。
ここで、出発時にレンタサイクル屋さんからもらっていたしまなみ海道完走証書にスタンプを押してもらう算段であったが、
受付のおっさんがとんでもなく不愛想でつっけんどんで「そこにスタンプ台あるから自分で押して」と塩対応。
おいおいそれあんたの仕事じゃないのかよこういうのはスタンプラリーとは違うだろ…承認欲求ってもんが世の中にはあってだな…。

疲れていたのでまあ、いいやと自分でスタンプイン
IMG_20170520_143053.jpg
やっちまったーーーーーーーーーーー!!!!
上下逆だーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
大体この絵面なにさ!おにぎり山かなにかかい!!?



「プロデューサー、あなた疲れているんですよ…。」



IMG_20170517_180727.jpg
キレたので銭湯に行って夜ご飯は尾道ラーメンとからあげ丼を食べました。
尾道ラーメンはおさかなで出汁とってあるのでさっぱり!



次回 後段作戦 尾道 鞆の浦 呉 編

大洗風土記

大洗に行ってきました。IMG_20170212_083918.jpg
大洗磯前神社からこんにちわ。
小学校の遠足で行った覚えがある大洗。
今ではすっかりガルパンで有名になりましたね。
「すごーい!君は予備知識もなしに聖地にやってきてしまうフレンズなんだね!」


今回の目的は初詣(2月ですよ!?)と
IMG_20170212_084202.jpg
軽巡洋艦那珂の慰霊碑にお参りに。
名前の由来となった那珂川は大洗・ひたちなかの境目を流れて海にそそぐ一級河川。

IMG_20170212_084328.jpg
もっと奥まったところに安置されているものかと思っていたけれど、参道の途中に案内看板のよにひょっこりあったので面食らう。
碑の前で手を合わせる。
ちなみにこの次の週に那珂慰霊祭がここで執り行われるのですが、単なる一提督である私が野次馬めいて出ていくのも気が引けたので参加は見送り、平時参例しました。個人的なものなのよ結局…。

IMG_20170212_084526.jpg
境内です。大きなにわとりの絵馬が!そうだ、今年は酉年だ。鳥のように飛翔できるように頑張るぞぉ(奥に注目)

IMG_20170212_084706.jpg
これがガルパン効果…すごい!(ロシア荒熊並感) 境内ですよ!?

IMG_20170212_0849066.jpg
痛絵馬も…すんごい!(でもちゃんと普通の絵馬掛けるところと住み分けてる)

IMG_20170212_084917.jpg
公認。達筆でどこかシュール…すンごぃ!


IMG_20170212_0910377.jpg
正面参道。降りるときは朝日が、昇る時は夕日が直撃するまばゆい立地。


IMG_20170212_091159.jpg
正面鳥居。まっすぐ行くとそこはもうワーウェミダー!!


IMG_20170212_091232.jpg
メッサいい天気。海日和としか言いようがない。


IMG_20170212_091325.jpg
同行者・艦隊のアイドル那珂ちゃん。そして超大型ウインナー二本  (と友人)。

IMG_20170212_091834.jpg
大洗のビーーチ。この辺りはごみも少なくてキレイ。
遠足で来た時に、磯辺を散策していてイソギンチャクを見つけて持って帰ろうとしていた記憶があるよ。しかも素手ではがそうと。


IMG_20170212_095859.jpg
そう、たしか、こういった磯で…AH-----------!!(どんがらすってーん!)
転倒してシリモチをついたぞ!
八丈島でもそうだったけど濡れている岩場で滑る癖は一向に治らない。


IMG_20170212_102633.jpg
場所を変更して那珂川下流。ここから海と那珂が交わり朝の光まぶしくてWAKEUNKERしていくわけですね。
丁度良く「那珂川」って書いてある看板が無いもんだからまったくもー!!


おひるごはん
IMG_20170212_114546.jpg
大洗の海鮮市場で。
真鯛のかぶと煮定食1300円。ちょっと高めかなーって思ったけど量はかなり多いです。っていうか意外とかぶと煮食べられる部分が多いから逆にご飯が足りないというジレンマ。刺身も付いてくるなんて聞いてないよぉ!

アンコウも食べたかったけどアンコウ鍋1900円とかだからちょっと踏みとどまってもうた。茨城県民だけどアンコウってまともに食べたことないんだこれが。

大洗は朝9時前とかだとあまり人はいないんだけども、それ以降はどこからともなくわらわらと人が出てくるので朝の早い時間帯に来ると空いてていいですよ。ガルパンファンの多さが本当に顕著。

やっぱガルパン履修した方がいいんかな…。

球磨元探訪記

今年いっぱい九州復興割りキャンペーンで航空券&宿泊券がとってもお手頃価格でお買い求めできると聞いて、いてもたってもいられなくなった私は熱いパトスに身をゆだねて熊本旅行を企てたのだ!

本当は夏ぐらいに通潤橋を見に行きたいんだけどまだ復興途中だし支援の意味も兼ねてあと球磨ちゃんの聖地巡礼いっちょ行くしかないなと二泊三日の阿蘇・熊本・人吉・球磨ちゃんルートだ!



一日目。
成田空港近くの短期貸し駐車場に車を止めて、無料送迎バスに包まれながら空港ターミナルへ。
(成田とか結局良く分かんねーよ!)

IMG_20161115_083804.jpg
そして僕は鳥になった。ジェットスターで。


やっぱすげぇよ、飛行機は。早くて、クールで、度胸もある。二時間ほどで熊本空港に到着。
IMG_20161115_103112.jpg
ここが、熊本…、ここがあああああああ!!!
暑いです熊本。 単に今週は全国的に小春日和だったからかもしれませんが冬着できてえらい目に…。

(阿蘇方面は鉄道が寸断されてしまっているので)バスに乗り込んでまずは阿蘇方面へGO!
IMG_20161115_140543.jpg
まるでGT-R32が山肌に突き刺さっていそうな峠を越えていくよ。

IMG_20161115_140730.jpg
カルデラ気質。

IMG_20161115_140533.jpg

IMG_20161115_140835.jpg


IMG_20161115_135211.jpg
山を越えるとつくば市みたいなのどかな風景。


IMG_20161115_122734.jpg

バスを降りて、阿蘇神社へ。全国の阿蘇神社の本社。戦国末期から現在まで代々阿蘇家が大宮司を務めているごっつやんごとなき大神社。阿蘇家と言えば3歳で家督を継ぎ、10歳で一揆煽動の疑いで斬首された阿蘇惟光が有名だが・・・。

IMG_20161115_122720.jpg

IMG_20161115_122738.jpg
まだ間に合うかもよ。


IMG_20161115_122850.jpg
イヤァーーーー!!!私の阿蘇神社がぁーーー!!

IMG_20161115_122901.jpg
震災の影響は侮れない。やはり歴史ある木造建築物を直そうと思ったら時間が相当にかかるのだろうなぁ。

IMG_20161115_124059.jpg

IMG_20161115_124132.jpg
残念じゃァ…。

IMG_20161117_153402.jpg
阿蘇神社のお守り買っておきました。阿蘇家の家紋も入ってるよ。

IMG_20161115_124640.jpg
ぬこ。当家の猫も相当人懐っこいけど、この子も負けず劣らず絡んできた。浮気です!


昼食タイム。
IMG_20161115_132202.jpg
なんかジョナサンの隣の良く分からないファミレスに入ったら焼肉定食があったので食べてみたの巻。
が、料理が来るのを待っている間にバスの時間を調べたら15分後くらいにくるらしいので慌てて食べつくしました。
でもちょーおいしかったです。ちなみにこの後全力ダッシュでバス停目指して車道に躍り出ました。


熊本県と言えば?  そうだね、くまもんだね!  熊本城だってあるんだゾ。
真田丸では終始三成に振り回されっぱなしだったいどまじん・加藤清正の居城として知られていますが…。
IMG_20161115_153114_20161117215425f75.jpg
あら…


IMG_20161115_153221.jpg
あらららら…

これだけのものを直すのには半年やそこらじゃ間に合わんのやろなぁ…。
IMG_20161115_154401.jpg

IMG_20161115_154007.jpg
よく見ると天守の石垣もちょっと崩れてる。


本丸は立ち入り禁止になっていたので、天守閣を遠くから眺める事しかできなひ。
ちょっと後ろ髪をひかれながらも、もうそろそろ夕方になってきたので宿をとってある人吉市へ電車でGO。

実は熊本~人吉間にはSL人吉が走っているんですが時間帯がどうもかみ合わないので泣く泣く却下。
だって一日一往復だものぉ…。

Screenshot.png
※参考:一目でわかる肥薩線沿線。図は帰路。


肥薩線各駅停車を乗り継いで2時間そこそこ、人吉に到着。
街の写真を撮るのを忘れたので代わりに晩御飯の熊本ラーメン。
IMG_20161115_200604.jpg


今回のお宿「鍋屋本館」
皇太子ご夫妻や山本五十六、与謝野晶子など著名人も多く泊まった格式高い旅館。
でもキャンペーン期間中なので往復航空代と朝食付き2泊で18000である。ヤスイ!
IMG_20161116_080722.jpg


IMG_20161116_080715.jpg
IMG_20161116_080753.jpg

球磨川のほど近くにある旅館でせせらぎが常時聞こえてくるナイスロケーション。
大浴場には洗顔フォームやくすみ落としなど美容ケアもおまかせ!

IMG_20161115_220640.jpg
夜 戦 開 始


二日目。
IMG_20161116_081255.jpg
これが噂の球磨川!昨日は暗くて何が何だかさっぱりわけわかめだって思ったけど、日の下で見るとなるほど一級河川。

IMG_20161116_064222.jpg
宿のベランダから。朝の球磨川を球磨ちゃんと。

IMG_20161116_064237.jpg
ナイスショットクマー。


IMG_20161116_081644.jpg
穏やかな流れの河川敷。このあたりで球磨川下りが行われているそうで。
道狭いのにたまに車入ってくる。

IMG_20161116_081312.jpg
人吉城址付近の橋。クマー、球磨川プレートクマー。

IMG_20161116_081343.jpg
人通りの少ない早朝最っ高!もうたっまんない!!
念願の球磨聖地巡礼ショット頂きましたー!!

IMG_20161116_081351.jpg
(なにやってんのあの人朝っぱらから…)

その流れで人吉城址へ。
800年人吉に君臨し続けた相良氏の居城。の址。
信長の野望では高倉健のような不器用なアングルの顔グラとチート爺・甲斐宗運との友情エピソードを持つ相良義陽が有名か。
IMG_20161116_082112.jpg
圧倒的スケールを誇る城壁。長い。やたら長い。

IMG_20161116_082117.jpg

ちょっと紅葉してるのがまた乙。
IMG_20161116_082916.jpg


IMG_20161116_082631.jpg

IMG_20161116_082933.jpg

IMG_20161116_083012.jpg
ぽえー。

IMG_20161116_083317.jpg


IMG_20161116_083844.jpg
出るのか!?

IMG_20161116_084011.jpg
やるのか!??


IMG_20161116_085246.jpg
二の丸から見た人吉市内。夜の8時過ぎると店も結構閉まっちゃう。


IMG_20161116_085337.jpg
                                     /プロデューサー、私を見て!ください…


IMG_20161116_091709.jpg


IMG_20161116_091108.jpg

想像以上に良いところでした。何より歩いていて気持ちがいい。地面に苔がたくさん生えているので足に優しい感触。
おすすめのスポットですね。あとポケモンGOでやたらストライク出てくる謎。


IMG_20161116_093948.jpg
くま川鉄道に乗りに行くよっ。途中に球磨川看板。

IMG_20161116_094047.jpg
通過儀礼クマー。

IMG_20161116_101052.jpg
電車の時間に余裕があったので相良氏の墓に寄ってみました。

IMG_20161116_095708.jpg
くま川鉄道相良藩願成寺駅、のトイレ…、え…??
(左に入ると男子便所ありました。)

IMG_20161116_103405.jpg
観光列車田園シンフォニーに乗って目的地まで。


IMG_20161116_104151.jpg
特急でもなんでもなく普通の各駅停車なのにモダンでポップな内装。

IMG_20161116_105208.jpg
色合い可愛い。


目的地「おかどめ幸福駅」
IMG_20161116_105227.jpg

IMG_20161116_105238.jpg
駅近隣にある幸福神社に絵馬をかければ幸せになれるというスピリチュアルなパワースポットパワー満載のチョベリグな所でございます。

あと詳しくないから語れないんだけど夏目友人帳のモデルにもなった場所だそうで。
(っていうか人吉自体がモデル)


IMG_20161116_113209.jpg
なるほどー道理で至る所ににゃんこ先生グッズがあると思った。

駅舎ぁー。無人駅です。隣の売店で色々売っています。
IMG_20161116_110011.jpg

私も幸せになろうとここで記念切符と絵馬を購入。売り子のおばちゃんに「駅にもかけられるところがあるけど学生ばっかりだから上の神社にかけるといいよ」と助言を頂く。

IMG_20161116_112946.jpg

IMG_20161116_113015.jpg
筑波山のふもとの雰囲気にもよく似ている。

IMG_20161116_113745.jpg
幸福神社。この神社の名前から駅名が取られ、コンセプトになった模様。


IMG_20161116_110404.jpg
くるっと裏手に回り、本殿側。


IMG_20161116_110706.jpg
結構ふつーな神社。ここでさっきの売店で買ってきた絵馬に願い事を書きます。
なににしよっかなー、やっぱ情操的なものかなー。


IMG_20161116_111040.jpg
ほらよ


IMG_20161116_112350.jpg
「ち、…っちんちんかもかもは、男女の仲が非常によく、睦まじい様を指す、奥ゆかしい伝統的な言葉ですぅ…///」
昨晩はちんちんかもかも(動詞)でした。

あとこの絵馬は記念に持って帰りました。掛けたのは一瞬だけです。
夏目がらみの絵馬も多かったよ。


IMG_20161116_113957.jpg
帰りの電車の時間が迫っていたので駅に向かったら、途中で踏切の警報が。
反対方面行きの電車が近づいてきているのが分かっていたのでゆきぽ片手に激写態勢。
IMG_20161116_113957.jpg

IMG_20161116_113959.jpg

IMG_20161116_114122.jpg

IMG_20161116_114123.jpg

IMG_20161116_114125.jpg
この間、手はプルプルしていた。

帰りの電車もこの後すぐに来たのでそれに乗って人吉方面へ。
IMG_20161116_114643.jpg
売店で買ったごま塩おにぎり。2個入りで100円。
ごま塩がかかったご飯を丸めただけって感じかなー。おにぎりっていうか丸いごま塩ご飯。食いではあったよ。


IMG_20161117_153158.jpg
幸福きっぷ。



人吉に到着し、次の目的地「球泉洞」へ向けて肥薩線を北上。
来るときは気付かなかったけどものすごい山の中を抜けて来たんだという事実にこの時初めて気づく。

球泉洞駅到着。
IMG_20161116_152150.jpg
球泉洞とは、トンネルを掘っていたら突如出現した九州最大の鍾乳洞の名前。
こじらせて悪いんだけど球磨ちゃんの中という風に妄想するとごっつ興奮しないかい?え?そんな事も無い?そんなぁ…。

到着早々気になる張り紙が。
『球泉洞へ向かう吊り橋が故障のため通れないので観光希望の方は下記電話番号まで連絡してください。無料送迎いたします。』

なに?歩いて行けないだと?ここでマップラスで地形を確認。件の吊り橋のある道のちょっと先に別の橋がある。
この橋通ればいいんじゃん。旅の醍醐味は歩きやで。楽したらあかんやん。健脚やのに。

天気もいいし徒歩でレッツラゴー!
IMG_20161116_124802.jpg
※反対方向です

IMG_20161116_124757.jpg
橋だ!下は球磨川!
※反対方向です。

IMG_20161116_124850.jpg
球磨る。

IMG_20161116_124900.jpg
どっちもきれいよ。

後から聞いた話、こちらの道を通っても車の多い狭い道をひたすら行く羽目になる、と。
途中で気付いてルート変更して良かった。


IMG_20161116_131307.jpg

IMG_20161116_130716.jpg
球磨川沿いの大自然。


IMG_20161116_130720.jpg

IMG_20161116_131558.jpg
今年の台風で壊れてしまったらしい吊り橋。
のちの話「今年中に予算が組まれて修復される予定だったんですけどねぇ・・・」
11月…。

IMG_20161116_131600.jpg
目的地は対岸のあそこ。


IMG_20161116_133903.jpg
橋を渡って川の反対側に。良い景色。

IMG_20161116_133859.jpg
上流ではやはり流れが急な球磨川。



IMG_20161116_134810.jpg

約一時間ほど歩いて目的地の球泉洞に到着。途中歩道がなくなりかけたけど茨城とは違って完璧に途絶えたりはしない。
細くはなっても道があるのが熊本クオリティ。ありがたい。

球泉洞入場料1060円なり。
IMG_20161116_135148.jpg
そしてこのいるみねーしょんである。

IMG_20161116_135341.jpg
うわぁ…鍾乳洞の中、エレクトリカルパレードなりぃ…。
もしかして退廃的ホテルだったのでは…?一抹の不安が頭をよぎる。


IMG_20161116_135424.jpg

あっ、ちゃんとしてる…。
鍾乳洞に入るのは初めて。今日はとっても楽しみだ。

IMG_20161116_135437.jpg
せまい!くらい!ひくい!しめってる!  総評:コワイ!!

IMG_20161116_135515.jpg
その時ハイネPの手は震えていた。


IMG_20161116_135506.jpg
フローストーン!!(の看板)
実際のフローストーンがどんなものだったかよく覚えていない…。ググってね!


IMG_20161116_135546.jpg
アップダウン意外と多いし、足元すべりやすいし、なんかゾンビ出てきそうな雰囲気だし…。

IMG_20161116_135605.jpg
炭鉱ステージみたい…。

IMG_20161116_140030.jpg
お神酒が置いてあるのもミステリアス…。説明はなかった…。(気がする)


IMG_20161116_140330.jpg
おお、やっと鍾乳洞らしく!かなり後半まで来てました。教科書に載せてもおかしくない鍾乳洞っぽさ!


IMG_20161116_140348.jpg
鍾乳洞初心者の発言なので鍾乳洞マニアの皆さんがいらっしゃったらごめんなさい!にわかです!

IMG_20161116_140352.jpg
鍾乳洞の中はこの日16度(外気温21度)。相当ひんやりしてます。

IMG_20161116_140603.jpg
焼酎を鍾乳洞内で冷やしているのです。外の売店で売っている焼酎なのですが、熟成に時間をものすごくかけていてお値段一万円からスタートです。ひぇ~。

IMG_20161116_140645.jpg
ホマーテ型石筍。解説通り。なんかすごいジオラマっぽい!!でも実物!
ここまでビビッと来るような写真を洞内で撮れていない…。そして周りに人はいないし…。
IMG_20161116_140743.jpg
ホマーテ型の隣に球磨型を置く私。


大体30分ほどで見学終了。いやあなかなかに刺激的な体験でしたね。

さて、来るときは徒歩で来たわけですが、流石に帰りまで歩く気力はなく、無料送迎バスを運営している球磨林業組合の方がたまたまいらっしゃったのでバスを依頼することに。
「じゃあここまで歩きで来たわけですか?」
「ええ、そうですね」
「ご苦労様です。球泉洞駅に電車が来る20分前にバスが出るように手配しておきますので、時間になったら待合所に来てください」

歩きで一時間かかったのに車で20分以内だどぉ?そう思いながら売店でのんびりとお土産を物色して、良い頃合いにバスに乗り球泉洞に向かう事10分。あれよあれよという間に着いてしまいました。うわぁ。

この時点ですでに日が傾いていたので、最後に行こうと思っていたスイッチバック(ジグザグ走法)のある大畑駅はダイヤと景観の点から放棄。うーん残念。

IMG_20161116_160153.jpg
代わりに人吉の鉄道ミュージアムに……うーん残念。


ばんごはん!!
IMG_20161116_174707.jpg
人吉市内にある球磨川近くの餃子屋さん「松龍軒」

私  「ぎょうざとビールと、ライスはありますか?」
店主「あー、うちはご飯炊いてないんだよ。どうしてもっていうお客さんにはこのめちゃうまいレトルトご飯を出してんだけど、それでいい?」
Wow...

IMG_20161116_174710.jpg
恵雲「なんと!」 瑞山「すごい数の食玩じゃ!!」

餃子はちょっと小振りなおつまみSTYLEだけどとてもおいしい。ご飯も何だかんだでふっくらしとっと美味しかばい。
(っていうかカウンターの奥の方にレトルトご飯の段ボール山積み…。)

客足が落ち着いてくると店主が話しかけてきはった。
「お兄さん、どこから来たの?旅行でしょ?(土産紙袋&パンパンリュック)」
「茨城です」
「おっ、僕も前は東京に住んでたから仕事で通った事あるよ。」
「田舎ですよ、なんもないですし、魅力度最下位だし」

と、ここで店の奥さんが「いいじゃないの!関東で東京が近いんでしょ!こんな南の端っこと比べたらアクセス抜群じゃない!!」
ええぇーっ、どう返せば…。
「で、でも私の住んでるところは産業も観光もいまいちなんで、温泉もあるし人吉城址もあるここは風情があって素敵だと思います(焦り)」
店主「人吉城見てきた?」
「ええ、昨日見てきました。城壁すごいですよね。二の丸の整備もきれいだし、船着き場も残っててみg」
「うれしい!気に入った!名刺持って行って!!」
IMG_20161122_085016.jpg

IMG_20161122_085033.jpg
もらいました。名刺に人吉城…、ガチやな!みんなも人吉にお寄りの際には食べに行ってみてね!


二日目はこれにて終了。

三日目は基本的に移動のみなので特に見所はないのです。
始発の肥薩線に乗って阿蘇熊本空港に
(恐らく九州中南部在住の方は口をあんぐり開けている事でしょう。人吉からだったら鹿児島空港じゃないのかよ!と。
土地勘が無いためにっ、予約の時点で間違えていたのだっ。鹿児島空港であればスイッチバックもフォローできたのに!)


朝とお昼ご飯を空港で食べてフィニッシュにしよう。最後はやっぱり熊本ラーメンで!
IMG_20161117_093210_201611220901428bf.jpg
レストランがね…、開いてないんですよ。なんせフライトが10時だもの…。
売店でお弁当と熊本ラーメン(カップ)を買ってお湯をもらってロビーで食べるの巻。
※熊本最後です。



素晴らしい旅行でした。惜しむべくは最終日の空港ミスと鉄道博物館。そしてスイッチバック…。
茨城と比べると熊本は何ていうか朗らかっていうか、なんとなく温かみのある感じがした気がします ※個人の感想です。
IMG_20161117_1530071.jpg
お土産です。

Cxd6D99UoAAmRQM.jpg
球磨焼酎!アルコール度数25℃の原液です。おいしかばい。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

phanphare

Author:phanphare
ニコニコ動画でMAD動画を制作しているファンファーレです。主にガンダムSEEDの動画を作っております。ハイネプロデューサーシリーズ制作終了につき、ハイネプロデューサーシリーズを制作しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: