フィンランド探訪記 ③ハメーンリンナ

最終日。
流石に連日足を酷使してきて土踏まず辺りがきしきし痛み出す。
そして確実に肉体に負担を与える白夜!
深夜の概念が崩れる!!
DSC_0171_20180714133626a53.jpg
「アイマスクしないと暗くならない…けどアイマスクすると寝苦しい…つらいですぅ」


最終日。予備日とも。
本当はこの日にヘルシンキ市内を廻る予定だったのですが、さて、どこに向かいましょうかと朝食をとりながら考えていると、昨日行ったパロラのひとつ前の駅、ハメーンリンナにはお城があるんだそうで。お城好きなのでこれはちょうどいい(昨日行けばよかったじゃん…)!

てなもんや再度同じ路線へ!
ホテルをチェックアウトし(バイバーイって言われただけで何も請求されなかった!YATTA!セーフ!ムーミン犬死に!)

お世話になったレッパバーラの街。
DSC_0173.jpg

DSC_0174.jpg
野菜の屋台とかケバブ屋の屋台とか出てたけど一回も買わなかったな…
静かでいい町でした。

また一度ヘルシンキへ出て列車乗り換え。
ハメーンリンナ方面へ
DSC_0177.jpg
道中、丸太を山ほど積んだ運搬車とすれ違う。松本先生ェが見たら彼岸島に出すんじゃないだろうかって量の丸太ァ!
これが何両も続いていて果てしない。


DSC_0179.jpg
1時間と少しでハメーンリンナの駅に到着。
湖のあるのんびりした街です。フィンランドの土浦やん

DSC_0180.jpg
駅から市街を抜けて、湖にかかった大きな橋を渡ると、見えてきましたハメ城。

DSC_0182.jpg
城付近の湖。この開放感が土浦に出せるか…??

DSC_0181.jpg
ハメ城を正面に迎えました。
ハメ城は13世紀に建てられたといわれ、その後度重なる戦いを経て何度も改修をして現在の姿に。近年までは刑務所として機能していたようです。
飛行機までの時間があまりなかったので内部の見学はパスして外観をば。

DSC_0183.jpg
看板はフィンランド語でようわからん。
古い城の写真が載っています。

DSC_0184.jpg
レンガ造りの石の要塞。城壁。
そして手入れの行き届いた芝生。

DSC_0185.jpg
まぁるい施設。監獄かな?

DSC_0186.jpg
青空との組み合わせが死ぬほどさわやか。中には礼拝堂とかもあるらしいのだが…。

DSC_0188.jpg
道を真っ直ぐ行って橋を渡ると砲兵博物館があるみたいです。

DSC_0187.jpg
いろいろなアングルから撮ってみるけど一様にサマになる。
日本の城だと斜めアングルが強いけども…。

DSC_0192.jpg
「アッー!プロデューサー!洗濯ばさみが見えちゃってます!だからあれほど白いのに買い替えようって!」

DSC_0191.jpg
「でもファンタジーな雰囲気でのんびりできてしわあせですぅ」

DSC_0194.jpg
「かみまみた、しあわせですぅ」
周りにはあまり人がいなく(城の前でイベントの準備をやっているみたいだったけど何だろう)、実にのんびりとした牧歌的な雰囲気。

DSC_0195.jpg
お堀もあるよ!
ぴょんと飛び越えられそうじゃない??

DSC_0211.jpg

DSC_0196.jpg
深さもね、何となく浅め。

DSC_0198.jpg
追手門!(なのか?)

DSC_0199.jpg
ごつごつした石の床が足の裏に健康的。

DSC_0208.jpg
城の拡張図。ガイドツアーもやってるみたい。日本語も頼む。

DSC_0202.jpg

DSC_0201.jpg
博物館による時間はないのだっ!

DSC_0203.jpg


代わりにもう一周逆回りに。
DSC_0217.jpg
小さな花でのどかさを強調する作戦。

DSC_0218.jpg
クワァントリィ~。
日本の城だと公園公園しててゆったりだとかのどかさだとかはあまり感じるものではないけども(でも独特の空気感はあるよ)
ここは非常に開放的に感じる。日本だと人吉城跡に雰囲気が似ているかもしれない。
良い物を観たという確固たる感触を感じながら、ハメ城を後にしました。
やっぱ先日ウォーキングしてないでこっちくればよかったかなぁ。

ヘルシンキ・ヴァンター空港でお土産物を買いながら(手荷物検査通ったところに免税店がいっぱいあってやすぅい!ムーミングッズもあったぁ!)。

帰りはフィンランドエアーで
DSC_0221.jpg
USB差込口がなくてちょっと古めな機体。

DSC_0220.jpg

機内映画で華いくさを観ながら食事
DSC_0222.jpg
ビーフとソバ!ぶち久々にお米食べられたけぇのぉ!!あと良く分からないおしんこのやまぁ!!

映画は華道で豊臣秀吉を諫める内容だったけど時系列的に本編後にアレやらコレやらやらかすのであまり感動できなかった。
直虎の森下圭子さんだったので首桶が友情出演。

DSC_0223.jpg
朝食ぅ!ジャガイモのポッテイトォ!!おいしい。
帰りの飛行機ではあんまりやる事なかったのでスマホに保存していたガルパンを観てました。


~旅の総括~
フィンランドの良かった点
○大きな道の脇に入ればそこは原生林。自然がいっぱい。
○下手な英語でもちゃんと聞いてくれる。適当な仕事はしない。
○意外と愛想のいい人が多いよ(個人の感想です)。
○じめじめしなーい、からっとした気候。
○車も歩行者に優しい。横断歩道じゃなくても止まってくれる。茨城じゃありえねー!
○電車には犬も自転車も乗り込めるぞ!
○みんなスポーティでスタイル良くて美男美女

フィンランドのあまり良くない点
○物価がたけぇぞ!
○切符の券売機にお札入れられるようにしてけれ!(防犯上の理由か?)
○白夜がキツイ!
○嘘でもいいから名物料理を作ってよバーニィ!
○フィンランド語が喋れないのかい??じゃあ英語にしてあげるよ!!(ぺらぺら!)←これは自分にも問題が…
○スオメンリンナ島の鳥の落とし物をどうにかしてくれないとマインスイーパ超上級状態
○みんなスポーティでイケメンでスポーティで美人(嫉妬)
○ヘルシンキは右も左も道路工事し過ぎで歩行者通れないYO!

☺総合的に見て☺
すごい良かったです。アジア人でオタクだからって特に何かされたわけでもないしみんななんか親切で穏やかだった。
個人的にはヘルシンキ等都市部よりも郊外の欧州らしい原風景のある場所が気に入りました。
私がドジでクレジットカードを家に置き忘れなければナーンタレ方面も行けたのが悔しくてたまらないですが…
しかしその代りにハメーンリンナ方面行けたので満足です。

当分は海外は控えつつ、ディスカバリージャパン。ちょっと穴場な日本巡りに切り替えようかなと思っています。
(パラオとか行きたい)
スポンサーサイト

フィンランド探訪記 ②パロラ戦車博物館

3日目
ホテルで朝食を食べた私は、ピカピカの快晴に誘われてレッパバーラの駅周辺を散歩してみることにしました。
DSC_0063.jpg
普通に国道沿いなんですが、ポケモンのフィールドマップみたいで何とも爽やか。日本の道路と何かが違う気がするんだけども良くは分からない。

DSC_0064.jpg
白樺の樹が多くって長野県チック。意外なことだけど壁や岩があると必ず落書きアートが描かれている。これは電車に乗っていてもよく目にする。アートの一環なのかそれともヤンキーの仕業なのか。茨城ではもっぱらヤンキーのせいだけど。

DSC_0065.jpg
国道から脇に一本道をそれると、うっそうとした原生林が現れたりする。畑付きで。
ちょっと茨城っぽいぞ!

DSC_0066.jpg
いば…日本では田んぼの為に水路が掘ってあったりするものだけど非お米圏のフィンランドではそういう施設は見られない。
プレーンな畑の風景。

DSC_0067_201807102101103d3.jpg
パシラ駅近くのタワー(なんのかはわからない)。スキャッター=サンみたいじゃね??

結局ヘルシンキ駅まで歩いちゃいました。(4時間)

ヘルシンキ駅の切符売り場で郊外の駅・パロラ行きのチケットを買い。
DSC_0068.jpg

DSC_0069.jpg
ついでにキオスクでジュースも買い。
(2本で5€ アセロラ味とマンゴー味。果肉入りだけど味は薄い。)

DSC_0070.jpg
各駅電車でパロラへGO!

DSC_0072_20180710211203b00.jpg

DSC_0071.jpg
やはり全席ボックスシート。

DSC_0073.jpg
お天気が少し悪くなってきたけど
しばらくすると郊外の牧歌的な風景が見えてきました。
農地と、農家さんの家、か、作業小屋か。
すごく、きれいな光景が伸びています。

DSC_0076.jpg
ハメーンリンナ付近

DSC_0075.jpg
ハメ城が見えます(後日行きます)

DSC_0077.jpg
ヘルシンキから約一時間半後、パロラ駅に到着です。

DSC_0080.jpg
パロラには、パロラ戦車博物館があるんですよ。

DSC_0083.jpg
駅から15分くらい歩きます。
のどかな風景が右にも左にも広がります。
いなかっぺ大将の私は、これだけでもうテンションが跳ね上がります。

DSC_0085.jpg
! 7月でも菜の花が咲いているんです!きれい!

DSC_0084.jpg

DSC_0087.jpg
パノラマ写真で撮ったんですが、いやぁ、もうすごい。
奥行きがすごいんです。足を止めてしばし、息をのむ。
この空間はあまりにも私には贅沢過ぎる。圧巻だ。
この風景の中に自分がいるのが信じられない。

と、感動していると
DSC_0088.jpg
その道路のちょうど向かい側に

DSC_0089.jpg
パロラ戦車博物館の看板!

DSC_0090.jpg
入り口です

DSC_0166.jpg
入ってすぐにM4シャーマン

DSC_0165.jpg
…と高架車(よくは分からない)がお出迎え。

博物館はこじんまりとしていて、町の郷土資料館みたいな大きさ。カフェと軍事物の売店が併設されています。
運営が退役軍人さんの団体だそうで、館長さんもそうなのでしょう。恰幅がいいおじさんでした。フィンランド語で他のお客さんとめっちゃおしゃべりしてました。
チケットは大人一枚8€でした。
チケット売り場の脇のドアから、第一展示場に入ると
DSC_0091.jpg
ルノーFT17がメロンパン入れみたいな恰好で待ち構えていた!!!

DSC_0095.jpg

DSC_0096.jpg

DSC_0098.jpg

DSC_0105.jpg


ガールズ&パンツァー最終章でBC自由学園の隊長、しじょ…マリー様が乗っていたものと同じですね。

最終章002401905

最終章002396950

最終章002477180

ルノーの隣にあったのが
カーデンロイド豆戦車! ほんとリヤカー位の大きさでかわいい!!
DSC_0102.jpg

DSC_0101.jpg

DSC_0104.jpg


DSC_0108.jpg
他にも三号突撃砲

DSC_0112.jpg
ハッチあいてれぅー!

DSC_0110_201807122136037b4.jpg

DSC_0117.jpg
隣にはタイプ違い

三突
カバさんチームの愛車。

近くにはT34
DSC_0123.jpg

DSC_0121.jpg

DSC_0120.jpg

DSC_0124.jpg

T34
プラウダ高校の主力

第二展示室には次鋒レオパルド!行きます!
DSC_0126.jpg

DSC_0127.jpg
グオゴゴゴ!!
(実は単なるガルパンおじさんだから劇中外の戦車は詳しくない)

屋外展示場に移動します。クラウドファンディングで屋根がついたよ!やったね!
DSC_0129_201807122151084fb.jpg
ソビエト戦車のオンパレードじゃ!

DSC_0130.jpg

DSC_0131_20180712215112b49.jpg

そして装甲列車
DSC_0134.jpg

DSC_0132.jpg

DSC_0133.jpg


そしてⅣ号戦車!
DSC_0136.jpg

DSC_0138.jpg

DSC_0137.jpg

DSC_0139.jpg

DSC_0140_20180712215458e65.jpg

4号
御存知西住殿たちあんこうチーム。

三突まだあった
DSC_0142.jpg

DSC_0144.jpg

DSC_0145.jpg

DSC_0141.jpg

DSC_0143.jpg


本命の、現存するBT42
DSC_0153.jpg

意外と、ごつい!
DSC_0155.jpg

DSC_0154.jpg

DSC_0151.jpg

DSC_0150.jpg
天下のクリスティー式!

DSC_0148.jpg

DSC_0147.jpg

DSC_0146.jpg


BT422
劇場版で姿を現した継続高校
BT42
控えめに言っても不気味すぎる実力でパーシングを追い詰める活躍が眩しい

そのほか、たぶん今後最終章で継続高校の車両として出るであろうKV-1
DSC_0158.jpg

DSC_0159.jpg

DSC_0160.jpg

DSC_0161.jpg

DSC_0163_201807132158355da.jpg

DSC_0162.jpg


DSC_0164_20180713215837a6a.jpg

ミリタリ好きな友人の為に博物館内のお土産屋さんで土産物を買い(館長さんちょっとおまけしてくれた!)
博物館を後に


DSC_0167.jpg
郊外でよく見かける看板。
何が駄目なんだろう?景観遵守?公害関係?

DSC_0168.jpg
博物館の奥、湖方面に行く道。
道一本取ってもすっきりしていて軽やかに見える。
誘われるようにこの道を…とも思ったのですが連日の徒歩移動で足が少々疲れて痛くなってきたのでここで切り上げてホテルへ帰ることにしました。

パロラ編が意外と長くなってしまったのでここでいったん切ります。
次回はハメーンリンナ編です。

フィンランド探訪記 ①ヘルシンキ

7日ほど有給消化のためのお休みをもらったので、少し遠くに旅行しようと思い
3泊5日でフィンランドに行ってきました。

一番航空券の安い日にちを選びましたがだいぶ高いです。ロードバイク用の資金もこっちに回しました。
今年は個人的に節目の年なので、これを機にまだ行ったことのないヨーロッパにまで足を延ばしてみようという趣向ですわ。
DSC_0012.jpg
いつも通りの成田ですわ!

JALなんて乗るの修学旅行以来かな??直行便でヘルシンキまで10時間くらいです。茨城⇔京都間の夜行バス並みですね!
DSC_0014.jpg
機内食フッフーゥ!(※旅行中最も豪華な食事の一つです)
鶏肉の照り焼きと豆ごはんと嬉しい味噌汁付き!あと小鉢にシェフの何か!胡椒の何か!ジェル状のなんか!おいしい!

DSC_0017.jpg


DSC_0018.jpg
おやつにモスバーガー(自分で作る)とデザート(ハーゲンダッツプリン味 写真忘れた)出ました。
すごいサービス!
あと機内映画でITとパシフィックリム1と2見ました。

DSC_0015.jpg
窓席だから日当たりもよろし。下はロシアの平原かなんか。

DSC_0016.jpg
人家は見当たらず、小山(飛行機からはそう見えるだけで高いのかも)があって池があってたまに道のようなものがちょぼっと伸びているくらい。

高速バスよりはそりゃ揺れないし快適だけどリクライニングの程度もあるし腰には負担がかかりますね。
そして約10時間後



DSC_0019.jpg
ここが、ヘルシンキ…!! ここがあああああああ!!!
クソさぶいです。首都のヘルシンキはフィンランドの南部にあるので一番気候は暖かいはずなのですが、この日の気温は14℃。東京と比べると春先みたいです。もちろんこれでも夏なんだけども。

DSC_0021.jpg
後に分かる事ではあるけど貴重な日本語表記。

DSC_0020.jpg
wow...Zen...!!(関係ない)

ここで出口と間違えて乗り継ぎカウンターに突撃してしまい航空券を見せたら、「こっちじゃない、あっち!」と言われる始末。いやぁどおりで荷物検査やってんのは何でだろうと…。

DSC_0026.jpg
ヘルシンキ空港直結の鉄道駅!
すごい金髪率!すごい金髪率!!(写真ではそうでもないけど全体通してパツキンばかり)まるで20年前くらいの茨城みたいな金髪パレードだ!!(だいぶ失礼)
文化圏の全く異なる場所に来たんだというこの実感!
そしてアジア系のアウェー感!!

あとフィンランドの人スタイルおかしいよ!
男も女も基本的にロム兄さんみたいなのばっかりだもん!
ろむにいさんho
マーベルキャラみたいにスポーティな人が多い!女性陣は基本レギンスかなんかぴっちりしたズボンはいててスカート皆無!ゆるふわなんて概念ほとんどなくてそれでいてブサイクがいないという不思議!恐ろしい!おおブッダよ寝ているのですか!?我らももう少し真面目に造形してくださいブッダ!!
(その分カワイイとか可愛らしいというカテゴリには強い日本)

DSC_0023.jpg
DSC_0024.jpg
なんかすげえよ!!
さて、フィンランドの駅には改札というものがありません。
電車に乗りたい者は構内の発券機で購入するシステムになっています。
ヘルシンキ近郊電車であればおおむね5€(ユーロ)で購入でき、80分間は乗降車自由という時間制。
しかも犬も自転車も(車両によってはダメだけど)乗車可能!(こっちでは輪行するしかないのにずるい!裏山!)

DSC_0022.jpg
ホームもクッソ広い!!

初日はもう来るだけで疲れていたので切符を買ってホテルまで行くことに。
券売機近くには駅員さんがいて切符の買い方をレクチャーしてくれるよ!
行きたい駅名を告げると「この切符で行けるよ!あとはクレジットカードを差し込んで暗証番号を入力すればOKよ!(意訳)」

そして財布からカードを出そうとして驚愕の事実に気付く
クレカが ない
日本の銀行キャッシュカードを「使わんわ」と置いてきた記憶があったのだが、どういうわけかそのカードが財布に入っている。
つまり、キャッシュカードを置いてきたつもりでクレジットカードを置き去りにしてきたのだ!ショック!!

欧米はクレジットカード社会で、基本的にクレカで何でも支払うし持ってない人はやや変人扱いかド貧乏扱いされて信用されないという。この瞬間から現金のみでサバイバルすることを強いられる驚愕の展開に。

「ないって? この券売機はクレカ専用だから、上の階にある紙幣の使える券売機で買ってくるしかないよ(駅は空港の地下にある)」
そう言われもう一度空港まで戻って切符を購入。

DSC_0028.jpg
その時ファンファーレの手は震えていた。
車内はボックスシートオンリー。

DSC_0029.jpg
駅舎は軽井沢とかそんな感じのオシャンティーなのが多い。センス!

15分程でホテルのあるレッパバーラ駅に到着。
DSC_0033.jpg

DSC_0032.jpg

DSC_0031.jpg
マルイみたいなイオンみたいな巨大ショッピングモールがある閑静な住宅街ですばい。

20分程駅から歩いてホテルに到着。
ここでもクレカがないためにやや悶着。
「カードがない??予約した時にカード払いになってるでしょ?なんでないの?(恐らくそんな感じ)」
「家に忘れました」

後に調べてわかる事ではあるのですが海外ホテルではデポジット(保証金)を宿泊時に払う習慣があるんですね。
備品を壊したとかひどく汚した場合にチェックアウト時にデポジットから充てられて残りが返されるという…

「支払い能力がちゃんとあるかどうかの確認をするだけだから、無くてもいいけど、次はちゃんとしなさいよね!行っていいわよ!(だいぶ後に前向きに解釈)」
家に忘れたことを伝えるとそれ以上言及せずに、現金でのデポジットを要求されなかったのでセーーフ。
しかしこの時分(帰りになんか請求されたらどうしよう…)という非常に不安な精神状態に突入してしまい、かなり打ちのめされました。
DSC_0035.jpg
お部屋

エアコンは付いていないんだけどどういうわけかあったかい…
のっけから窮地に陥ってしまったのでこの日は部屋にこもって(宿に着いたのは6時くらいだけど)持参したトップバリュのライトミールブランを2かけほど食べてのんびりくつろいでました。ネガティブからかややホームシック。

シャワーを浴びて寝る準備をしている時に気付くのですが、フィンランドは絶賛白夜中。夜中の2時くらいになるまでうんともすんとも暗くならない!これ日本だったら過労死しそうじゃない??明るいうちは働け!とか言われそうじゃない??
でも疲れていたので寝ました。

ここでフィンランド基本情報
○スカンジナビア半島の内側にある緑豊かな国
○実は日本から一番近い欧州国
○ムーミン・サウナ・サンタクロース・オーロラが有名
○国の形が茨城に似てない??似てない??
○物価がアルティメット高い。税金驚異の24%
○公用語はフィンランド語。世界一難しい言語とも。絶賛英語圏
○国土は平坦。くっ。
○フィンランドの人は何となくシャイで穏やかな印象。アジア人はちょっと珍しいのか電車では距離を置かれるし視線も少し感じた。単なる私個人の魅力の問題かもしれないが。でも愛想は悪くなくて何となく親切。日本人的かもしれない。
○継続高校


二日目
大事をとって9時ごろに就寝したのに起きたのは3時ごろ。だって明るいんだもん…。
部屋でミリシタをやったりしながら朝食の時間まで待機。
ビスケット二枚では腹が持つわけもなくトンでも腹ペコ。

朝食は、ブッフェ形式、食べ放題!わっほーい!!
DSC_0062.jpg
パンが美味しい!特にフリーザ第三形態みたいな形したコッペパン!おいしい!なんかコロッケみたいなメンチみたいなカツは中に赤パプリカが入ってたけど粉っぽくておからみたいでそれほどではなかった。フルーツポンチも地味にうれしい。ベーコンどう見ても焦げすぎだろ…って思ってかじってみたらカリッカリで激うまジューシー。シリアルもヨーグルトも食べましたが色々選べて超良かったです。
何があるかよくわからないので朝ご飯を満腹にまで詰め込んでお出かけ。

しかし朝から強い雨が降っているんだなぁこれが。
本当はムーミンワールドのあるナーンタリまで行きたかったのですが、クレカがないと切符も満足に買えない(紙幣の入る券売機無し&駅窓口もどこにあるんだかわからない)ので予定を変更してヘルシンキ市内を闊歩してみる事に。

DSC_0027.jpg
ヘルシンキ近郊列車は日本の山手線みたいね。

DSC_0037.jpg
市内にはトラムが走ってるよ!バリアフリーが進んでいるのか段差とかは少なめっぽい?
雨も小降りになってきました。

DSC_0038.jpg
駅から徒歩で街を見物がてら目的地のヘルシンキ大聖堂まで。
DSC_0054.jpg
とても大きい…。天気ももうちょっと頑張って!周りが結構ごちゃごちゃしていただけに、急に広場がバーッと出てくるのが印象深い。近づいてみる。

DSC_0056.jpg
「初ヨーロッパですぅ! あいにくの空模様ですけど…」

DSC_0055.jpg
「ひたちなか海浜公園よりも注目されずたやすいぜぇ!だそうです!」

DSC_0057.jpg


DSC_0040.jpg
大聖堂の近くにはマーケット!縁日みたい!土産物の工芸品やホットドッグ、バーガーなんかが売ってました。

港から要塞のあるスオメンリンナ島へのフェリーが出ています。
15分ほどで到着できるし往復で5€とお値打ち。
DSC_0041.jpg
乗った!

DSC_0042.jpg
大型船もじゃこじゃこ入ってくる港です。そして雨がまた降ってきてくしょしゃむい…!!ちべたい…!!
一緒に乗り込んできた人たちは船内に入っちゃいましたぁ。

DSC_0044.jpg
スオメンリンナ島。世界遺産にも登録されている要塞で、スウェーデンやロシアとの関係も深い。

DSC_0045.jpg

DSC_0043.jpg
看板はフィンランド語とスウェーデン語だけだ!まったくわからん!

DSC_0047_20180707221529b1a.jpg
島にはそこいらじゅうにカツオドリだか何だか海鳥系のやからがうじゃうじゃうじゃうじゃ。彼らのフンがそこいらじゅうに落とされているので下を見ていないとクレイモアされる緊張感。

DSC_0052_20180707221527bbb.jpg
「プロデューサー…もうちょっとしっかり撮ってください」

地雷だらけでゆきぽを設置することすらままならぬぅ!しかも雨!

DSC_0048_2018070722152529b.jpg
スオメンリンナの教会。灯台としても機能しているんだって!ちゃんと撮れない!

DSC_0050_20180707221525e17.jpg

DSC_0051_20180707221525a36.jpg

ヘルシンキに住んでいる人もピクニックやトレッキングしに来るらしい。
そして私はどういうわけか砲台のある場所に行かずに後にしてしまった…。
寒かったからかもしれない、いやでも当時は全部回ったって思ってたんだよなこれぇ…。


この日は寒くて天気も悪い事もあってホテルに撤退しました。
レッパバーラの駅のキオスクで、ハンバーガー2個(ひとつ1.99€)とバゲット(1.38€くらい)を買って
DSC_0060.jpg
パック寿司なんかもキオスクで売ってましたが10€もしたので手は出さなかったです。
DSC_0061.jpg
片方はチーズとなんかのフライが挟まってて、もう一つはハンバーーーグが入ってました。
チーズフライバーガーはおいしかったです。チーズがクリーミーでしっかりしてた。
ハンバーーーーグの方は硬くて挽肉焼きましたって感じの味付けで正直びみょー。

前半はここまででいったん切ります。
後半はパロラ・ハメーンリンナ編です。

たいっぺい、行ってみる?(ゆきぽと)

前回のしまなみ海道旅行の前日にしれっっと採っておいたパスポート。
10年間の期限があるとはいえ、使わずにしまっておくのはあまりにも勿体ない。

というわけで

初海外!ゆきぽと行く台湾2泊3日エキゾチックツアーの始まりです。
IMG_20170912_134532.jpg
ご存知成田空港。搭乗口付近のロビーから撮影。
行きも帰りも台湾の航空会社エバー航空で行きます。

搭乗時間(14:15)が来たので機内に搭乗!
乗客は台湾の方が多かったです。国元へ行く国元の航空会社だもんね。

CAさんは8~9割方台湾人の方で日本人は一部のみという感じでした。一応簡単な日本語ならそれなりに話せるみたいではあったのですが

私「この備え付けヘッドフォンのモニター画面の差込口ってどこにありますか?」
CAさん「ヘッドフォンが壊れているのね!すぐ交換します!」
私「OH…(諦め)」

やはり肝となるのは英語(北京語が出来ればなんの障害もないけどさ…)とボディランゲージであるという事が良く分かったファーストコンタクト。
私の英語力と言えば学生の頃に英検準二級を取ったレベル…。と言えば簡単な日常会話くらいできそうではありますが私生活で英語なんてそんなに言わないし聞かないしそもそも英語で会話なんかしていないので乳幼児のそれと大差ないもの。
なんと頼りない事か!

IMG_20170912_154122.jpg
気を取り直して往路の機内食。
ライスセットとパスタセットがあったのでパスタ。
左のはビーフシチュー。手前右がケーキ(超おいしかった)奥左がリンゴとオレンジ。奥右のは菜っ葉の和え物。
メインのシチューはちょっと味薄目。搭乗前に事もあろうにマックでバリューセットをパクついてしまったので若干重たかったですね…。

飛行時間は4時間ほど。台湾が石垣島のちょっと西にあるのでまあ、そんなものかな…って。
さて、ここでエバー航空最大の試練が。なんかさぶい…。
冷房が全開MAXなのである。寒がりにはちょっと洒落にならない温度!しかも調整なんてできない!
そういえば聞いたことがある、中華圏では何故か冷房を終始最低温度にしていて、乗客は自衛のために着込まなけりゃならないってことを…。

頼りになるのは備え付けの毛布ぐらいなので、冷房苦手な人は予め長袖を持ってこないと体調を崩すのでそこんところも頼むわね!   私はここら辺で少し調子悪くなりました…。冷房弱いので…。


そんなはんな~って感じで台北桃園空港到着です。日本との時差は1時間。日本が6時なら台湾は5時。
IMG_20170912_180916.jpg

ここが、海外…ここがぁぁぁぁぁああああ!!!
(広い意味で言えば北海道や四国も海外?多分違うよね)

IMG_20170912_191843.jpg
ぶれっぶれな桃園空港。どこ撮ってんねん。

IMG_20170912_191849.jpg
謎のショドー。やっぱどこ撮ってんねん。

(入国審査で宿泊先のホテルの住所を書き忘れてWHICH CITY【意訳:どの市やねん】と言われてWHICHの意味を思い出すのに割と時間がかかり先行きが不安になる)

空港内の両替所にGO(レートが安定してるらしい)
2万円を両替してもらう
両替係のお兄さんがハンドサインで「2 (2万円でOK?)」を出して確認。こちらもハンドサインで「2(そうだよ)」を出すと両替の明細書にサインしてけれと出してくるのでここで名前をサイン。そしてでてくる台湾元。
IMG_20170918_213340.jpg
IMG_20170918_213354.jpg
※大体1円=3.7元ほどらしい。よその国のお金を持つと金銭感覚が狂って衝動買いしやすくなるので気を付けようぜ!

IMG_20170912_192826.jpg


IMG_20170912_192834.jpg


IMG_20170913_201145.jpg


MRT(地下鉄)に乗って宿泊するホテルのある台北駅まで移動。
シートは野球スタジアムのベンチみたいなプラッチック製。でも硬くなくて座り心地は上々。
時刻表通りに電車が来る堅実さ…。
おおよそ40分程で台北駅まで移動できます。

ここで台北市内で役立つアイテム
IMG_20170918_212929.jpg
イージーカードのご紹介。
東日本でいうところのSUICA。地下鉄(MRT)・台鉄・バス・タクシーなど幅広く使えるイカしたカードです。
何よりすごいのがこのイージーカードを使えばMRTの運賃が2割引きというお得さ。こりゃすごいですばい。

空港駅内の券売機で買うことができるのですが、私があーだこーだと手間取りながらやっているのを見かねたカート回収係のおじさんが
「イージーカード買うの? ここ押せば帰るよ、ここ押せば日本語表記に切り替わるし。何?1000台湾元で買おうとしてるの?この券売機1000台湾元入らないからちょっとこっち来て、ここの窓口でお金両替してもらって細かくして使いな!ほら買えたー!あばよ!(英語)」

と流れ作業の如くナビゲートしてくれたので買えました。日本人って名乗ってないのに分かるのか・・・。
おっちゃんありがとうー!


台北駅到着(写真無し)

台湾の気候というのはもわーんとしていて蒸気が出てるみたいで、そこに独特の香辛料の匂いが漂っていて(山椒かなにか粉状のものを炒ったような癖のある感じ)外国なんだなぁというのが良く分かる。

そして歩いて10分程の距離にあるホテルまで行くまでに緊張+冷房病+腰痛+熱気+台湾独特の匂いですっかり疲れ切ってしまい。
初日は夜市に行って鳥の揚げ物とか食べちゃうゾ☆ルンッ☆という計画だったのですが
DJhoiK4UMAE9ZJ_.jpg
これ…ファーストディナーです…。
カロリー○イトの偽物超助かる!! お宿のお部屋で食べました…。ホテルはビジネスホテルで10階建て(火事起きたら確実にベイクドハイネPだな…)朝ご飯付きで英語も通じるし駅ちかなので結構いい感じです。
私の部屋は最上階10階だったので屋上のエアコン室外機の稼働音がもろに聞こえてきてちょっとうるさかった…。
まあこんなこともあろうと耳栓を買ってきていたので軽減されましたが。

シャワーの使い方が良く分からないユニットバスでお風呂にたっぷり浸かって今日の疲れを癒す。
ちなみに台湾はトイレットペーパーが水に溶けにくい関係上、用を足した後の紙は流さずにトイレ脇のごみ箱に入れないと詰まってしまうのでそこんところ注意しないと怒られちゃいます。
DJiCiQGUEAA2Hd8.jpg
台風接近中という知らせを聞いて、こちらはハネムーン気分で上々颱風である。


朝チュン。うっかり朝食を撮影し忘れたので跡地のみ。
IMG_20170913_081929.jpg
パンとかゆで卵(殻ごとハーフカットされていてすごいしょっぱかった)
トースターが工場のベルトコンベアーみたいなタイプでじーっくり焼き上がるのを待たなければならないのでその間にコーヒーでも入れてこようかなーとその場を離れてコーヒーを持ってくると、食堂内で休憩していたスタッフのおばちゃんが「これじゃ片面だけこげちゃうだろぉ!」と言わんばかりに焼きマシュマロの要領でトーストを焼いていてくれて思わず「アッすんません!」と反射的に謝っちゃうMADEINJAPAN。


IMG_20170913_085124.jpg
朝食を済ませて市内を散策。台風接近中につき天気は愚図ついている。
街並みはあまり日本と変わりない。

IMG_20170913_085131.jpg


IMG_20170913_091152.jpg


IMG_20170913_091350.jpg
台湾総統府!官邸ですね。周りには憲兵さんが警護していてちょっと物々しかったですね。
写真を撮っていいものかどうか良く分からなかったので建物正面にいた憲兵のお姉さんに訊いてみようとしたら
「おはようございまーす!道路の反対側に回って撮れば良いわよ。横断歩道あっちにあるからそこ使って!」と先制パンチ。


IMG_20170913_091610.jpg
雨が降ってるから出し辛いですぅ


IMG_20170913_091617.jpg
木のくぼみぐらいしか乗せるところがないんですぅ

IMG_20170913_092030.jpg
近くの静かな公園に建っていた林森先生像(国民政府主席)。



IMG_20170913_092720.jpg
少し歩いたところに中正紀念堂(蒋介石記念堂)が。

と て つ も な い 広 さ
分かりづらいとは思いますが人の大きさから門の大きさを測っていただきたひ。

IMG_20170913_092852.jpg

IMG_20170913_092857.jpg
左右対称?の建物(イベント用?) エントランスでおば様とおじ様グループが社交ダンスやってましたが。


IMG_20170913_092901.jpg
自転車をよこせぇ、はやくぅ! 遠いよ!メインが!

IMG_20170913_093430.jpg
ちょっと工事中。

IMG_20170913_093424.jpg
見取り図。

IMG_20170913_093942.jpg
ダニィ!?まだ生き残っているトリケラトプスがいやがったのか!!?
(誰か置きっぱなしにしたのかな)

IMG_20170913_094002.jpg
これまた引き返さなけりゃならんのか・・・?

IMG_20170913_094152.jpg
隣接しているMRTの駅から帰りましょう~


MRTを乗り継いで
IMG_20170913_101740.jpg



IMG_20170913_104728.jpg
龍山寺(ロンシャンスー)。台北最古のお寺です。


IMG_20170913_102010.jpg
仏教寺院だけれど道教や儒教のエッセンスも入っている、日本ではあまり見られない様式。


IMG_20170913_102257.jpg
脇の所に滝もあったよ。やるねー。  街中なのになぁ。

IMG_20170913_102304.jpg
地元の人も観光客もひっきりなしに訪れる。台北版浅草寺みたいな感じィ~?


IMG_20170913_102557.jpg
屋根の装飾がめっちゃ豪華。


IMG_20170913_104624.jpg
でもお寺の周りは普通に繁華街でシティー。


IMG_20170913_104618.jpg
この辺りは夜市のストリート。私は夜は大人しくしている派なので今回の旅で夜市には行きませんでした…。


IMG_20170913_104424.jpg
サイコガンダムが出てきそう…でてきそうじゃない???
(そりゃあ香港だ)


またもやMRTに乗り込み今度は故宮博物館へ…と思ったのですが、もうちょっと街を歩いてみたいなと思い、博物館の最寄り駅から一つ離れた芝山駅から一時間ほど歩くコースで。

IMG_20170913_122013.jpg
芝山巖惠済宮。道教のお廟です。正面からの写真一枚のみです!
雨が降ってきていたので天気も足元も私もコンディションがグッズグッズで写真らしい写真を撮るのをすっぽかしていましたすみません。
実際は煌びやかで宮の中にも見どころがたくさんあったらしいんですがこの時は知識全くなくてほぼ素通りしてきてしまいました。
「芝山巖惠済宮」でググると派手な良い写真とか出てくると思うんで気になった方はそこもチェキ!

芝山巖惠済宮の裏には芝山公園があります。結構階段とか急な森林公園です。ここは日本統治時代にこの地で学校の教師をしていた日本人教師達が反日ゲリラに襲撃されて6名殺害された芝山巖事件の起きた場でもあります。
殺害された教師たちの死を悼み、友好的だった周辺住民の方達によって六氏先生墓が遊歩道のちょっと奥にあるところに建てられています。

・・・
写真が無いのは、日本ではまっっったく見たことのないグロテスクなムカデやナメクジが至る所にいて恐れおののいていたからです。
普段茨城県の片田舎に住んでいて虫なんか出放題なんですが、なんていうかピクミンのケメクジみたいなのとダンゴムシとムカデの愛の子♡みたいなのがいて足元集中せねばならずそれどころじゃなかったぁー!

そんなこんなで芝山公園を後にして、メインの道路をてくてく歩くこと一時間。川や住宅街や河川公園などを華麗にやり過ごして(ほんと写真一枚も取ってないなこの辺り…)

IMG_20170913_125611.jpg
出てきました故宮博物館! ここには有名な翡翠で作られた白菜の工芸品が展示されているんですよわー。

IMG_20170913_125705.jpg
狛犬かぁお前ぇ?

IMG_20170913_125657.jpg
この故宮博物館も敷地がとんでも広いです。雨降ってんだってのに!遠いよ建物ぉ!!

IMG_20170913_130019.jpg
階段をぉ、登っていかなきゃならないのでェ、バリアフリーとかはぁ、ちょっとぉ…。

IMG_20170913_130014.jpg
パレードでもやるんかこのメインストリート。

建物内は人があちらこちらに。
受付上の入館料を見てみると一般客は250元だそうだ。音声ガイドも別料金で付くみたいだけどまあいいかな。
受付のおじさんに一般券一枚を頼むと、「バックパック重かろ?あっちにコインロッカーあるから預けてきな(英語)」と。

ロッカーにカバン預けて身軽になっておらワクワクしてきたぞ!

故宮博物館には
IMG_20170913_132433.jpg
(太古のかんざし)

IMG_20170913_132520.jpg
色々な種類の展示がありすぎて
(サンゴで作った仁王?像)

IMG_20170913_132900.jpg
(ちっちゃい仏像一木彫り)

ぶっちゃけオールジャンルが過ぎて何が何だか・・・。

そして出て来た
IMG_20170913_133402.jpg
ドンダバ☆デンデン☆ヌケヌケドン!! きれいね。

IMG_20170913_133253.jpg
白菜なんだよなぁ・・・。

IMG_20170913_133435.jpg
パブリックビューイング白菜。

この白菜の周りにそれはそれは多人種的な人垣ができていてなんかもうほんと奴隷人生を考えさせルン♫を地で行くようなそんな風情…。でも白菜の上にちゃんとコオロギとか乗ってるねんで。でも白菜に群がる人間っていうのもすんごいシュールだでマジで。

この白菜と層をなすもう一つの至宝「肉型石(豚の角煮)」は現在、故宮南院博物館に展示されていて見られませんでした。

この博物館3Fまであるので展示物がぎっしりあってすごい見所あるんですが説明書きがほとんど中国語なので今一わからん。
やっぱり日本語音声ガイドはあった方がより楽しめるかもね…。

IMG_20170913_141358.jpg
あとはマ・クべさんが好きそうな北宋のツボとか


IMG_20170913_143437.jpg
翡翠で出来た小顔ローラー(本当)とか。

IMG_20170913_140151.jpg
滅 火 器とかでしょうか。

でも2~3時間はじっくり見られましたよ。そして冷房ちょっと寒い。博物館だしね。


帰りはバスで最寄りのMRT駅までひとっとび!!
ここで昼ご飯を食べ忘れていることに気付き、勇気を出してちょっと小綺麗な感じの台湾麺屋さんに入ってみる。

入ってみるとお会計の所のお姉さんに何かプラスチックのメニューとピンクマーカーを渡される。
メニューにはチェックボックスがあって、食べたい料理の所にレ点を記入して注文するらしい…。
(ディスワンプリーズと指さして言ったら、チェックしてねという風に言われたので間違いない。)

頼んだのは・・・
IMG_20170913_153959.jpg
牛肉米粉拉麺とココナッツミルク(多分・そしてレンズ外)!

さて実食。

スープが辛い!スパイシー!でも中華料理だし良い感じ良い感じ。
麺が米粉!なんかコンニャク麺みたいなプルプル感!歯ごたえはないけどまあ米粉だしいいやいいや!
具材・・・パクチー・・・初めて食べた・・・これは、あかん・・・これは、カメムシ・・・まごう事ない・・・駄目だ・・・

そしてドリンクのココナッツミルク! 爽やかで甘ぁくて辛いものと相性はいいけど後味が・・・合わないッ・・・!!!
手荒い台湾の歓迎を受けました。

食事をしながら台風情報を調べていますと、なんと帰国便が欠航になってしまったことが判明!!
一旦空港に戻って別の航空便にチケットを変更してもらわないと当日乗り遅れるのでは?
そう思うや否や昼食を終えた途端にMRTに飛び乗った!
IMG_20170913_110810.jpg
自転車輪行しなくても乗れるんだ~、すご~い。羨まし~い。

IMG_20170913_171955.jpg
昨晩は暗くてさっぱりわからなかったMRTからの街並み。

IMG_20170913_172023.jpg
ビルジングがビルディングしてるよ相当数。

空港について、エバー空港のカウンターへ。
眼鏡のお姉さんが応対してくれて、「変更なら、午後便の3:00の奴になるけど、それでいいすか?(英語)」
僥倖!帰国便は当初朝の8:00代の便を予約していて、遅くても夕方までの便に乗れればいいと思っていたのでこれはありがたい。
「OKです!」「じゃあSMS送るから電話番号教えて頂戴(お客様控えとしてかな多分)」「これです」「ありがとう・・・・?・・・・??」「え・・・?」

ここでトラップカードが発動。
この時スマホに入っていたのはプリペイド台湾SIMカードである。日本で使っている通話+データSIMとは別物の、データオンリーのSIMである。
データ通信だけなので電話番号が割り振られていないので通話はおろかSMSサービスすら利用できないのである。
レンタルWIFIを借りるのよりもお安くお手軽だがこれがSIMカードの大きな落とし穴である!!

「これ日本のSIM??」「いや、プリペイドの台湾SIMです・・・」「む~。(めんどくさそう)   !ああじゃぁメールアドレス!メールで控え送るから!」「あ、それならわかりまさぁ!」と、なんとか事なきを得たのですが、流石に緊急の電話とかに対応できないのは致命的だよなぁ・・・とちょっとプリペイドSIMのデメリットを痛感した所でした。「ちゃんとメール見てよね!!」ありがとうございましたお姉さん。

IMG_20170913_184129.jpg
一件落着したので空港内フードコートで夕食(昼が軽かったのでもうお腹空いた)。
小籠包セット(ドリンク付き)。でもドリンクは選ぶことは出来ず強制的に写真のが出てきました。

実食。
うーん、普通の小籠包(普通って何よ)。そして普通の枝豆。
問答無用のドリンクは・・・お茶かな・・・?
すごく甘くて・・・美味しいんだけど・・・味は思いっきりケンタッキーのビスケット。

物足りなかったので空港内のセブンイレブンに。台湾はコンビニ天国なのでそこかしこにセブンあります。たまにファミマ。
おでんも売ってる(写真無し)! 焼きジャガイモも売ってる(写真無し)! 謎なベーカリーパン(写真無し)も売ってる!
そして肉まん!!
IMG_20170913_211755.jpg
肉まん(ピリ辛海鮮風味?)となんか怪しいスナック菓子。
ホテルに持って帰ってきて肉まんを食べました。
IMG_20170913_211838.jpg
中身は普通の豚肉・・・?ぽいんだけど味付けはチャンジャっぽい。でもこの肉まん・・・台湾で一番うまい食い物だ!!(すごい無礼!!)おいひい!スナックはお土産にしました。

この日はこれにて就寝。あしたは時間が出来たので少し寄り道してから空港へ行きましょ・・・




朝チュン2回目。


3日目はちゃんと朝食の写真を撮りましたよ
IMG_20170914_074829.jpg
ブッフェスタイルファンファーレセレクションだ!
今回はお粥が出ました。やっぱ朝ご飯はお粥なのかー!
普通に普通のお粥なんだけどなんか滋養のありそうな感じの口当たり。なるほどこれと前日のしょっぱいゆで卵を組み合わせるとおいしいのか…。

この日は他の宿泊客も食堂に集まってきていて(私含めて4人だが)、隣の席に座っていた上品そうなおばあさんとおばちゃんの中間あたりの年齢のマダムがなにやら中国語で話しかけてきた!
!!! わからん(ジャガー並感) !!!
マダム、何かを感じたのかここで英語にコードスイッチング。「兄さんどこからいらっしゃったの?」ぽいことを言っている・・・?(何故か釈然としない)
「日本から来ましたよ」
「そうなの、私はね、香港から来たのよ、あなた一人旅行?」
「ええ、そうです。…台風来てますね、心配です(意訳。実際は英単語のごり押しとフィーリング)」
「かする程度だから大丈夫よ!」
と探り探りなコミュニケーション。うーん緊張する。

朝食を終えてマダムと別れ、自室に帰ってチェックアウトの準備。あれやらこれやら整理して部屋を出る…と、時を同じくして隣の部屋からも人が出てくる………香港のマダムである。
「あら、隣の部屋だったのね。」
「本当ですね。僕はこれから日本へ帰ります」
「私はこれから高雄(南部の港湾都市)に行くの!」
「おたっしゃですねえ」
とかそんな会話をしながら別れました。それにしてもでかいスーツケース転がしてたなあのマダム・・・。

ホテルを後に(受付のお姉さんもおばちゃんも愛想良かったLIOホテル)。

ここからどこに行くのか、昨日空港に行かなければ行く予定であった台北101を見に行くことに。
MRTでぴゅんと移動。

ででん
IMG_20170914_095111.jpg
台北101-!高ーい!フロアが101階あるから101なんだそうで、ドバイに抜かれるまでは世界一高いビルだった…。
ショッピングモールやフードコート、おしゃんてぃーなブランドショップなど目白押しらしいですぜ!

IMG_20170914_100322.jpg
ここでお土産を買いましょうー


・・・・・・やってない……。あれ、おかしいな、時刻は朝の10:00を過ぎてるし・・・でもテナントはなんかみんな閉まってるぜ…?
後になって知った事なんですが、本格的に営業し始めるのは11:00から!!台湾は夜に活動する人が多いので(昼間暑いもん)そっちに時間帯を合わせていると!!ナンテコッタイ!!
じゃあ展望台で写真だけでも・・・なに入場料が日本円で1000円少々!?高い!帰る!!(もう旅行気分終了してる)

大人しく空港に行くことに。空港でお土産買えばいいんだよ。


宿のフロントよりも見慣れた顔、台北桃園空港に到着。
自動飛行機チェックイン機を使って変更された便にチェックイン・・・成功!していると、なにかきょろきょろしたエバー航空の女の子が話しかけてきた。
「じゅ、受諾手荷物はありますか?(英語)」
「(荷物…って言ってる?)ないよ、これだけです。」
「OK…」
よく見ると胸の所に研修生のバッジが。そうか…トレーニング中なんやな…ガンバや…。

台湾女子の活躍を祈りつつ手荷物検査場へ。
お土産品とバックパックだけなので何も引っかかるものは…と思っていたらリュックがNGで係員に止められる。
中国語で何やら聞いてくるが早口で全く分からん(遅くても分からん)。なんだなんだと思いながらやや錯乱していると日本語に切り替えてきた!
「水、入ってる?」
「へ、入ってないですけど・・・」
「ちょっと開けるよリュック・・・あった」
(あ!!一日目に飲み切れなかったミネラルウォーター!とっくに捨てたと思ってたけどまだ入ってた!!)
「これ捨てるよー」
「ハイ、ゴメンナサイ・・・」
なんで出立前に荷物整理してるのに気付かなんだか・・・。

台北空港国際線ロビーはHの形になっていて売店が所狭しと並んでいます。例によって写真はないのだ
IMG_20170914_135030.jpg
ガンダム以外は・・・

IMG_20170914_135043.jpg
おもちゃ売り場にでかでかと立っていたガンダム。
日本語訳がウィキペディア先輩をベースにして書いたっぽい感じだぞ!!

売店を練り歩き、お土産屋さんを物色。台湾原住民族のストラップやキーホルダーなんかを買ったりしてみたりしちゃったりして、インスタントラーメン(乾麺)の牛肉麺も買おうと思ったんですが店員さんに「日本の人?これ牛肉入ってるから買っちゃダメだヨー。(肉製品の持ち込みは現在禁止中の日本)」と言われて却下に…そんなぁん。

帰りの飛行機もエバー航空… …!!?
IMG_20170914_142631.jpg
めっちゃファンシーなタイプやん! キキララや!キラキラコンビを結成や!!

IMG_20170914_145037.jpg
かわいい。ガラスが緑色でなければ・・・。

行きの反省を生かして列最後尾・トイレ近く・ボッチ席を取ったぞ!そして冷房対策に長袖シャツを装備!無敵だね!
IMG_20170914_150143.jpg
ぐでたまだぁああああ!!コレ、モッテカエッテモイイカナ?

IMG_20170914_151415.jpg
飛行案内デモもぐでたまだぁぁぁぁぁ!!

IMG_20170914_150150.jpg
キティちゃんも出たわぁぁぁ!サンリオ総構えだわこれ!

ボッチ席…のはずだったんだけど自動チェックイン機での表示では…、普通に三列シートで反対側には台湾のお姉さんが座ってました…。
さて、往路ではヘッドフォンの差込口が分からなかったのですが、復路の設備は新型ぽくてモニターのすぐ下の所に分かりやすーく差込口がありました。
離陸もしたし、映画を見よー!

洋画からアジア映画からアニメまでいろいろありましたが、私が即決したのは「この世界の片隅に」。
いやぁ劇場版艦これを映画館で見たときに予告映像で見てから気になってて映画館で見ようかどうしようかどうしようか迷ってたんですがこれはもう見るっきゃないと空の上で観賞開始。(後で調べたら原作あるんですね)

憲兵さんの所や紫電改の馬力について熱く語るお義父さんのシーンなどプッと笑える箇所もあり、総じて穏やかな調子で話は進んで行くのですが、中盤どーーん…と大事なものを失う悲惨な状態に陥るのが見てて苦しい…。でもその後徐々に立ち直っていくすずさん…。しみじみと見ながら(どうしようこれ日本に着くまでに見終わらなかったら滅茶苦茶後悔するぞこれ…!)と恐れつつ機内食を配られたので受け取り(中華風バターライスでした!写真ないですおいしー!)食べながらふと横を見ると同じ列のお姉さんも同じくすずさん見てて親近感。あとトイレ付近の席だったのでトイレの順番待ちしていたおじいさん(多分台湾人?)が私のモニターじぃっと見てて(視線を凄い感じる)、思うところがあるみたい。自分の席に帰ってみてくれぃ…。

そしてスタッフロールが流れ始めるころに着陸態勢に。あかん、間に合うかこれ、間に合うんかこれ…。
あぎりぎり間に合った…。 ちょっと遅れて見てたお姉さんもギリギリのギリギリで間に合ったみたい。
おお良かった…。


飛行機から降りて検疫(何の問題もないのでほぼスルー)。入国審査(帰国者だからほぼ顔パスだった)。
そして税関。ここで少し時間を取られる。(バックパックがボロボロだったからか私の風体が怪しかったからか…)
しばらく質問に答えてようやっとパス。

IMG_20170914_190125_20170929174247d5e.jpg
成田空港~いやぁ疲れた~。
台湾は空調がきついから気を付けてと聞いていたんですが機内が最も寒かったです。次点が故宮博物館。他は割とフツー。

自分ではあまり意識してなかったんですがあちらの方からすると日本人って見た目で分かるものなんでしょうか、店員さんとかにちょくちょく日本人と断定されて「分かるのか・・・まだ一言も喋ってないのに・・・」とやや不思議な感じ。初海外だしね…。

でも現地では愛想のいい人っていうかに親切っていうか下町の暖かさっていうか日本みたいにぺこぺこしたりはしないんだけど「手間どっているようだな・・・手を貸してやろう・・・」みたいなのは感じましたね。嫌な思いはしなかったです対人で。

今回は台風で行けませんでしたが(行けば普通に行けたけど日和った)千と千尋の神隠しのイメージの強い仇分に、次回台湾に行く時があれば行きたいですね。あと英語はもうちょっと頑張ろう…。

瑞雲学園Q

山梨県の富士急ハイランドで現在行われている艦これとのコラボイベント「瑞雲祭り」。

行きたいなと思っているところへ、同じく行きたいと思っていた友人と意気投合。
車を出してもらい、一泊二日で富士急へトラベルという運びになりました。

二人なら、(テンテコマイも)飛べるさ。


・・・
IMG_20170701_115425.jpg
デデドン!

圏央道八王子JCを華麗に見過ごし、茅ケ崎まで出て焦って折り返し、軽く2時間ほどロスした段階で天気も崩れ始め、富士急は二日目に延期して甲府市にある武田神社までやってきました。

IMG_20170701_115846.jpg
武田神社はその名の通り武田信玄を祀っている神社。武田の本拠地躑躅ヶ崎館跡地にあります。近くには山梨大学もあるよ。

IMG_20170701_120009.jpg
裏門。

IMG_20170701_120106.jpg
ゆきぽもいるよ。

IMG_20170701_120249.jpg
間取図




IMG_20170701_125202.jpg

ぐるっと回って正面入り口。

IMG_20170701_124937.jpg
入り口から本殿へ至る階段には風林火山の軍旗がはためく。旗だけに。



IMG_20170701_125012.jpg
「あっ、面白いと思います…」







IMG_20170701_120732.jpg
手水鉢も武田の家紋武田菱! このデザイン性の素晴らしい事よ。


IMG_20170701_124726.jpg
ごほんでーん。


IMG_20170701_121104.jpg
よく見ると武田家紋祭り。


IMG_20170701_121154.jpg
※アシスタント:友人Ask氏。いつも一人旅で一人でこそこそゆきぽフォト撮ってるからもう一人いると中々心強い。


IMG_20170701_123238.jpg
境内にある資料館ないにて、唯一撮影可能な武田信玄像。
他にも戦国時代の上杉毘沙門天旗や風林火山の旗など貴重な文化財が展示してあるのでお寄りの際はぜひ見て行ってください。



IMG_20170701_141031.jpg
お昼はご存知山梨名物ほうとう。
きしめんのさらに上を行く幅広の麵と根菜盛りだくさんのボリュームフード。
若干味は薄口だったのでちょっち意外。




そこから50分程車で移動し
IMG_20170701_161238.jpg
富士見の名所として知られる忍野八海に。
いやもう観光客でいっぱい!


IMG_20170701_161009.jpg
富士山の雪解け水が滝のように流れる。
目の前の売店の人が水量を調整しているようで、合図とともに堰を切ったようにドバドバ水が流れ出した。



IMG_20170701_161517.jpg
人が(外国人観光客が特に)大井っち。

IMG_20170701_162226.jpg
水がきれい(スマホのカメラでは通用しなかった)

IMG_20170701_164756.jpg
私の勝手なイメージでは忍野って知床並みの広さだと思い込んでいたので、歩きで一時間もあれば十分見て回れる場所だという事が分かって狼狽。青木ヶ原樹海の延長かなんかだと思ってたんだもん。

IMG_20170701_173530.jpg
この出口池だけは離れているので車か何かで見に行った方が吉。それかここを起点にして忍野の中心を見るのが利口かも。



その後、河口湖近くまで車で移動。そこで山梨名物その②
IMG_20170701_180553.jpg
吉田のうどんである。
もうなんていうか麺にコシとかそういうのはなく、細長いグルテンとでもいうべき独特の食感。



この日は河口湖近くの旅館に一泊。


Ask氏とブラタモリを見ながらミリシタ雪歩が出るまでチキチキライブレース杯を開催しつつ、アルコールをつまみながらまろやかな時間を過ごしました。雪歩はどちらもドロップしませんでしたが。

就寝!
IMG_20170701_192510.jpg
※氏が寝静まった後に、静かにかつ熱くフジヤマがボルケイノしたのである。


朝チュン(二日目)

私のみ4時起床。早起きして色々回ろうという癖がついていて旅先では早く目が覚めてしまう。
氏を起こさないように静かにミリスタをプレイし雪歩を掘る。 出ない。

7時くらいまで起きなかったのでその間結構のへのへやってました。

その後は旅館の朝ご飯を頂き、チェックアウト。
朝から天気も悪くないので、今日は本当に富士急日和なのでは…!?
IMG_20170702_071040.jpg
宿の窓から見えるフッジサーン。頭だけ隠れちゃった。



ラッピング電車が走っているらしいので、それに乗るため河口湖駅まで移動。


IMG_20170702_084908.jpg
目当ての電車が来るまでまだちょっと時間があるのー。

富士山の近くだけあって外国人観光客もたっくさん。(そんな写真はない)
IMG_20170702_090257.jpg

特急もあるのだ
IMG_20170702_090311.jpg






30分程待機。
IMG_20170702_091825.jpg
キタコレ!


IMG_20170702_091827.jpg
瑞雲中毒が通るぞー!道を開けろー!


IMG_20170702_091835.jpg


IMG_20170702_091840.jpg


IMG_20170702_091848.jpg
予想以上に気合入ってるぅ―。 (しかし球磨ちゃんはいない。)


乗車☆
IMG_20170702_092715.jpg
中刷りもかよぉ!

IMG_20170702_092705.jpg
ガッチガチである。


3分ほどで富士急ハイランド駅に到着。ホームから改札へ出ようとするとそこには
IMG_20170702_094322.jpg
ぼのおぼコンビだ!


IMG_20170702_095004.jpg
改札を超えて入園するとそこにもおぼの!! 駆逐さんかい?はやい、はやいよ!


ちなみにコラボ入場券で入ると
IMG_20170707_080509.jpg


IMG_20170707_080537.jpg

瑞雲祭り仕様パンフレットと

IMG_20170707_080606.jpg
コラボカードがもらえます。

この瑞雲コラボイベントでは、艦娘のパネルの近くにあるスタンプ台でぺったんすると特典がもらえるスタンプラリーと、艦これラッピングボート、瑞雲使用になったテンテコマイと見所盛沢山。
とりあえずスタンプラリーから始めてみた。

15種類の艦娘パネルを廻って売店のお姉さんにスタンプ帳を見せると特典シールがもらえるよ。
IMG_20170702_101850.jpg
①大和


IMG_20170702_102411.jpg
②鈴谷


IMG_20170702_102545.jpg
③暁


IMG_20170702_102757.jpg
④ビホルダーさん


IMG_20170702_103404.jpg
⑤赤城


IMG_20170702_103108.jpg
⑥時雨


IMG_20170702_103622.jpg
⑦榛名


IMG_20170702_104214.jpg
⑧最上(何故か瑞雲祭り仕様じゃない)


IMG_20170702_104813.jpg
⑨ダイソン


IMG_20170702_112427.jpg
⑩三隈


IMG_20170702_112641.jpg
⑪神通さん


IMG_20170702_113014.jpg
⑫マスター瑞雲


IMG_20170702_113421.jpg
⑬伊勢


IMG_20170702_113728.jpg
⑭熊野


そして
IMG_20170702_121437.jpg

IMG_20170702_121445.jpg
⑮高飛車空母






IMG_20170702_104715.jpg
道すがら、壁に穴が開いているパネルがあったのでゆきぽを突っ込んでみるの図。
(本当は人が頭から突っ込む用)


IMG_20170702_111337.jpg
噂の鉄骨番長。(雪歩の実家みたい・・・?)




大和パネルの近く、第二入り口広場に
IMG_20170702_100046.jpg
ワオ!ズイウン!!


IMG_20170702_102036.jpg
瑞雲師匠と瑞雲弟子のパネルもあるよ。っていうか個別パネルはなんで祭り仕様じゃなかったんだろう…。




IMG_20170702_112349.jpg
園内を見物している間に晴れに変わってきて富士山こんにちわ状態。
今まで富士山をこんなにくっきりと肉眼で見たことが無かったのでちょっと感動。

IMG_20170702_121148.jpg
お昼時なので限定メニュー発売中のフードコートへ。
巨大連装砲ちゃん!?どうしてここが…!?

IMG_20170702_114630.jpg
コラボメニューのひとつ、第六駆逐隊の甘口カレー。コーンが入っているのとゼリーが二個ついてくるのが特徴。
辛党なので一味唐辛子を山ほどかけて食べました。

特典としてクリアファイルが二種類から選べるでごいす。


IMG_20170702_124103.jpg
ラッピングボートも運行中。

IMG_20170702_112923.jpg
地味に書き下ろしの金剛姉妹ハーフ

IMG_20170702_112915.jpg
ハイパーズ。…球磨姉ちゃんや多摩姉ちゃんはいらっしゃらないのですかぁ!?

二人で乗れるらしいので乗ってみる。
ちなみにボートは選べないので運を天に任せましょう(一応乗り待ちボートの配列から予測自体は出来る)


…荷物を後部座席に置いてしまい、写真がとれぬぅ!!
○乗った感想○
成人男性二人はガタイ的にキツイ。足が完全に伸ばせないのであん馬みたいな恰好で漕ぐしかない。絵面的にもキツイ。
二人で漕ぐとかえって進まない。片方が操舵をして片方がスピード調整するのが効率的。
驚異のバック走行もできる! 
艦これACと操作の癖が似ているのでAC勢はその感覚で縦横無尽に動かせること請け合いである。

制限時間は10分を目安に戻ってきてくださいと係員に言われたのでコース一週分を廻ってこれぐらいだろうと判断して帰投。
400円である。安い。
気温も超高いのでほぼ全身汗だくである。キツイ。


本題
IMG_20170702_113021.jpg
日向師匠の脇にあるテンテコマイ。

ここで瑞雲に乗ろう、というのが今回のビッグテーマ。

IMG_20170702_113041.jpg
遠目で分かりづらいけどちゃぁんと瑞雲塗装になってますん。

テンテコマイ概要:飛行機に乗って上空に舞い上がり、グルグル回り出すのでそのあと両手のレバーで翼を操作し、風を利用して自分自身もローリングしようという乗り物。(説明しづらいので動画かなんかで見て下さいhttps://www.fujiq.jp/special/tentekomai/
自分で自分を回すのである。何というマゾラクション。

この自回転数がトップだと限定艦これポストカード(だったと思う)をもらえるっていうんでこりゃあ張り切って大回転せなあかんなと思っていました。


30分程順番待ちをしてると順番が。荷物は眼鏡からかばんからポケットの中のものまで全てコインロッカーに預けて登場準備完了。近視で乱視だから裸眼はつらい…。

係員が厳重にシートベルトをして運行スタート。地上32mまでゆるゆると上昇し、公転開始。
(おおう予想していたほどじゃないけど高いし速いなぁ、よし頑張って回転するか!)
事前説明通りに片翼を下方、もう片翼を上方に向けて
回転ッ!

回転ッ!!

回転ッ!!!



…しなかったのである。絶望的にへたくそすぎて回転しなかったのである。
(いや待てまだ時間はある慣れる時間はまだ…)
終了

ぐるぐる回らされて羽をバタバタさせて帰ってきただけである。
そりゃあ気持ちよかったけどさ…。
俺は瑞雲になれない。




瑞雲ハイランドは今月いっぱいまで展開しています。
もし富士急に行く場合はお早めにどうぞ。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

phanphare

Author:phanphare
ニコニコ動画でMAD動画を制作しているファンファーレです。主にガンダムSEEDの動画を作っております。ハイネプロデューサーシリーズ制作終了につき、ハイネプロデューサーシリーズを制作しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: