瑞雲学園Q

山梨県の富士急ハイランドで現在行われている艦これとのコラボイベント「瑞雲祭り」。

行きたいなと思っているところへ、同じく行きたいと思っていた友人と意気投合。
車を出してもらい、一泊二日で富士急へトラベルという運びになりました。

二人なら、(テンテコマイも)飛べるさ。


・・・
IMG_20170701_115425.jpg
デデドン!

圏央道八王子JCを華麗に見過ごし、茅ケ崎まで出て焦って折り返し、軽く2時間ほどロスした段階で天気も崩れ始め、富士急は二日目に延期して甲府市にある武田神社までやってきました。

IMG_20170701_115846.jpg
武田神社はその名の通り武田信玄を祀っている神社。武田の本拠地躑躅ヶ崎館跡地にあります。近くには山梨大学もあるよ。

IMG_20170701_120009.jpg
裏門。

IMG_20170701_120106.jpg
ゆきぽもいるよ。

IMG_20170701_120249.jpg
間取図




IMG_20170701_125202.jpg

ぐるっと回って正面入り口。

IMG_20170701_124937.jpg
入り口から本殿へ至る階段には風林火山の軍旗がはためく。旗だけに。



IMG_20170701_125012.jpg
「あっ、面白いと思います…」







IMG_20170701_120732.jpg
手水鉢も武田の家紋武田菱! このデザイン性の素晴らしい事よ。


IMG_20170701_124726.jpg
ごほんでーん。


IMG_20170701_121104.jpg
よく見ると武田家紋祭り。


IMG_20170701_121154.jpg
※アシスタント:友人Ask氏。いつも一人旅で一人でこそこそゆきぽフォト撮ってるからもう一人いると中々心強い。


IMG_20170701_123238.jpg
境内にある資料館ないにて、唯一撮影可能な武田信玄像。
他にも戦国時代の上杉毘沙門天旗や風林火山の旗など貴重な文化財が展示してあるのでお寄りの際はぜひ見て行ってください。



IMG_20170701_141031.jpg
お昼はご存知山梨名物ほうとう。
きしめんのさらに上を行く幅広の麵と根菜盛りだくさんのボリュームフード。
若干味は薄口だったのでちょっち意外。




そこから50分程車で移動し
IMG_20170701_161238.jpg
富士見の名所として知られる忍野八海に。
いやもう観光客でいっぱい!


IMG_20170701_161009.jpg
富士山の雪解け水が滝のように流れる。
目の前の売店の人が水量を調整しているようで、合図とともに堰を切ったようにドバドバ水が流れ出した。



IMG_20170701_161517.jpg
人が(外国人観光客が特に)大井っち。

IMG_20170701_162226.jpg
水がきれい(スマホのカメラでは通用しなかった)

IMG_20170701_164756.jpg
私の勝手なイメージでは忍野って知床並みの広さだと思い込んでいたので、歩きで一時間もあれば十分見て回れる場所だという事が分かって狼狽。青木ヶ原樹海の延長かなんかだと思ってたんだもん。

IMG_20170701_173530.jpg
この出口池だけは離れているので車か何かで見に行った方が吉。それかここを起点にして忍野の中心を見るのが利口かも。



その後、河口湖近くまで車で移動。そこで山梨名物その②
IMG_20170701_180553.jpg
吉田のうどんである。
もうなんていうか麺にコシとかそういうのはなく、細長いグルテンとでもいうべき独特の食感。



この日は河口湖近くの旅館に一泊。


Ask氏とブラタモリを見ながらミリシタ雪歩が出るまでチキチキライブレース杯を開催しつつ、アルコールをつまみながらまろやかな時間を過ごしました。雪歩はどちらもドロップしませんでしたが。

就寝!
IMG_20170701_192510.jpg
※氏が寝静まった後に、静かにかつ熱くフジヤマがボルケイノしたのである。


朝チュン(二日目)

私のみ4時起床。早起きして色々回ろうという癖がついていて旅先では早く目が覚めてしまう。
氏を起こさないように静かにミリスタをプレイし雪歩を掘る。 出ない。

7時くらいまで起きなかったのでその間結構のへのへやってました。

その後は旅館の朝ご飯を頂き、チェックアウト。
朝から天気も悪くないので、今日は本当に富士急日和なのでは…!?
IMG_20170702_071040.jpg
宿の窓から見えるフッジサーン。頭だけ隠れちゃった。



ラッピング電車が走っているらしいので、それに乗るため河口湖駅まで移動。


IMG_20170702_084908.jpg
目当ての電車が来るまでまだちょっと時間があるのー。

富士山の近くだけあって外国人観光客もたっくさん。(そんな写真はない)
IMG_20170702_090257.jpg

特急もあるのだ
IMG_20170702_090311.jpg






30分程待機。
IMG_20170702_091825.jpg
キタコレ!


IMG_20170702_091827.jpg
瑞雲中毒が通るぞー!道を開けろー!


IMG_20170702_091835.jpg


IMG_20170702_091840.jpg


IMG_20170702_091848.jpg
予想以上に気合入ってるぅ―。 (しかし球磨ちゃんはいない。)


乗車☆
IMG_20170702_092715.jpg
中刷りもかよぉ!

IMG_20170702_092705.jpg
ガッチガチである。


3分ほどで富士急ハイランド駅に到着。ホームから改札へ出ようとするとそこには
IMG_20170702_094322.jpg
ぼのおぼコンビだ!


IMG_20170702_095004.jpg
改札を超えて入園するとそこにもおぼの!! 駆逐さんかい?はやい、はやいよ!


ちなみにコラボ入場券で入ると
IMG_20170707_080509.jpg


IMG_20170707_080537.jpg

瑞雲祭り仕様パンフレットと

IMG_20170707_080606.jpg
コラボカードがもらえます。

この瑞雲コラボイベントでは、艦娘のパネルの近くにあるスタンプ台でぺったんすると特典がもらえるスタンプラリーと、艦これラッピングボート、瑞雲使用になったテンテコマイと見所盛沢山。
とりあえずスタンプラリーから始めてみた。

15種類の艦娘パネルを廻って売店のお姉さんにスタンプ帳を見せると特典シールがもらえるよ。
IMG_20170702_101850.jpg
①大和


IMG_20170702_102411.jpg
②鈴谷


IMG_20170702_102545.jpg
③暁


IMG_20170702_102757.jpg
④ビホルダーさん


IMG_20170702_103404.jpg
⑤赤城


IMG_20170702_103108.jpg
⑥時雨


IMG_20170702_103622.jpg
⑦榛名


IMG_20170702_104214.jpg
⑧最上(何故か瑞雲祭り仕様じゃない)


IMG_20170702_104813.jpg
⑨ダイソン


IMG_20170702_112427.jpg
⑩三隈


IMG_20170702_112641.jpg
⑪神通さん


IMG_20170702_113014.jpg
⑫マスター瑞雲


IMG_20170702_113421.jpg
⑬伊勢


IMG_20170702_113728.jpg
⑭熊野


そして
IMG_20170702_121437.jpg

IMG_20170702_121445.jpg
⑮高飛車空母






IMG_20170702_104715.jpg
道すがら、壁に穴が開いているパネルがあったのでゆきぽを突っ込んでみるの図。
(本当は人が頭から突っ込む用)


IMG_20170702_111337.jpg
噂の鉄骨番長。(雪歩の実家みたい・・・?)




大和パネルの近く、第二入り口広場に
IMG_20170702_100046.jpg
ワオ!ズイウン!!


IMG_20170702_102036.jpg
瑞雲師匠と瑞雲弟子のパネルもあるよ。っていうか個別パネルはなんで祭り仕様じゃなかったんだろう…。




IMG_20170702_112349.jpg
園内を見物している間に晴れに変わってきて富士山こんにちわ状態。
今まで富士山をこんなにくっきりと肉眼で見たことが無かったのでちょっと感動。

IMG_20170702_121148.jpg
お昼時なので限定メニュー発売中のフードコートへ。
巨大連装砲ちゃん!?どうしてここが…!?

IMG_20170702_114630.jpg
コラボメニューのひとつ、第六駆逐隊の甘口カレー。コーンが入っているのとゼリーが二個ついてくるのが特徴。
辛党なので一味唐辛子を山ほどかけて食べました。

特典としてクリアファイルが二種類から選べるでごいす。


IMG_20170702_124103.jpg
ラッピングボートも運行中。

IMG_20170702_112923.jpg
地味に書き下ろしの金剛姉妹ハーフ

IMG_20170702_112915.jpg
ハイパーズ。…球磨姉ちゃんや多摩姉ちゃんはいらっしゃらないのですかぁ!?

二人で乗れるらしいので乗ってみる。
ちなみにボートは選べないので運を天に任せましょう(一応乗り待ちボートの配列から予測自体は出来る)


…荷物を後部座席に置いてしまい、写真がとれぬぅ!!
○乗った感想○
成人男性二人はガタイ的にキツイ。足が完全に伸ばせないのであん馬みたいな恰好で漕ぐしかない。絵面的にもキツイ。
二人で漕ぐとかえって進まない。片方が操舵をして片方がスピード調整するのが効率的。
驚異のバック走行もできる! 
艦これACと操作の癖が似ているのでAC勢はその感覚で縦横無尽に動かせること請け合いである。

制限時間は10分を目安に戻ってきてくださいと係員に言われたのでコース一週分を廻ってこれぐらいだろうと判断して帰投。
400円である。安い。
気温も超高いのでほぼ全身汗だくである。キツイ。


本題
IMG_20170702_113021.jpg
日向師匠の脇にあるテンテコマイ。

ここで瑞雲に乗ろう、というのが今回のビッグテーマ。

IMG_20170702_113041.jpg
遠目で分かりづらいけどちゃぁんと瑞雲塗装になってますん。

テンテコマイ概要:飛行機に乗って上空に舞い上がり、グルグル回り出すのでそのあと両手のレバーで翼を操作し、風を利用して自分自身もローリングしようという乗り物。(説明しづらいので動画かなんかで見て下さいhttps://www.fujiq.jp/special/tentekomai/
自分で自分を回すのである。何というマゾラクション。

この自回転数がトップだと限定艦これポストカード(だったと思う)をもらえるっていうんでこりゃあ張り切って大回転せなあかんなと思っていました。


30分程順番待ちをしてると順番が。荷物は眼鏡からかばんからポケットの中のものまで全てコインロッカーに預けて登場準備完了。近視で乱視だから裸眼はつらい…。

係員が厳重にシートベルトをして運行スタート。地上32mまでゆるゆると上昇し、公転開始。
(おおう予想していたほどじゃないけど高いし速いなぁ、よし頑張って回転するか!)
事前説明通りに片翼を下方、もう片翼を上方に向けて
回転ッ!

回転ッ!!

回転ッ!!!



…しなかったのである。絶望的にへたくそすぎて回転しなかったのである。
(いや待てまだ時間はある慣れる時間はまだ…)
終了

ぐるぐる回らされて羽をバタバタさせて帰ってきただけである。
そりゃあ気持ちよかったけどさ…。
俺は瑞雲になれない。




瑞雲ハイランドは今月いっぱいまで展開しています。
もし富士急に行く場合はお早めにどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

phanphare

Author:phanphare
ニコニコ動画でMAD動画を制作しているファンファーレです。主にガンダムSEEDの動画を作っております。ハイネプロデューサーシリーズ制作終了につき、ハイネプロデューサーシリーズを制作しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: