アイマス2への水先案内人は、このハイネ・ヴェステンフルスが引き受けた!!

THE END OF HEINE PRODUCER



何とか納期に間に合いました。ハイネP後日談です。ぶっちゃけ真のEDと言っても差し障りございません。


☆今回のポイント☆
ネタバレばかりなので反転してどうぞ。

○黒井「負けてない!貴音ちゃんが負けるわけがない!DIOOOOOOOOOOOOOO!!!」
○お姫ちん「私は、麺あれば寝返るのです!」
○よく考えてみたら伏線張っても張らなくてもよかったようなファン代表。
○生意気ニコルここに極まれり。
○が、瞬く間にガンダムシリーズ屈指の良い子主人公に早変わり。
○ニコルプロデューサー爆誕。
○オクレ兄さん「待てぇぃ!!」デーン♪デーン♪デーン♪パパ(ry
○ハイネP「前が見えねェ。」



☆解説と補足☆
やはり反転。暇なお方向け。
Q.お姫ちんのIU優勝の目的は、故郷の人達の為ではないのか!?

A.らーめんだ。それ以上でも、それ以下でもない。月を見上げて物思いに耽っていたのは卵ポケットについて考えていたためであった。市民は月にいればいいのだ。

Q.アスラン「借りは返しましたよ…!」って?
A.雪歩、貴音、ハイネ達に対して。雪歩には前回での情報不足によるゴリ押し戦法を強いたことへの謝罪を込めての貴音の勧誘で。貴音には想定外の能力で圧倒され、気圧されたことへの一矢報いの弱み握り。ハイネ達にはヘタレを露呈させて迷惑をかけたことへのけじめを自身の炎上でもって示してみせた。根は口下手で不器用だから…。
しかしこれ以降ヅラの発言力は著しく低下していくのであった。

Q.なぜニコルがPに…。
A.やはりお姫ちんといえばディアナ・ソレル的イメージがあるので、ターンエー繋がりでロランの中の人が同じなニコルに御出馬頂きました。しかしこの貴音の性格はディアナ様よりもキエルお嬢様寄りだよね…。
ニコル「消えるガンダム→キエルガンダム→キエルお嬢様→ディアナ様ぁ!?」うるせーよ。

Q.ファン代表と変態仮面は何をしていたのか。
A.キラ様は地域のゴミ掃除。クルーゼは会議中。あってもなくてもいいような設定ではあるけれども、「うおお、行きたいけど行けない!生きてるの辛い!」→「やっとオワタ!今からでも間に合うか!?」→変なおっさんしかいない→「ファッキン!」と実に一般市民らしい感じで、「ああ、この二人も作中は自分のアイデンティティに苦しんでいたけど普通の人だったらこんなんなのかもな。」つう「庶民枠」としての扱いをしたかったため。…というのは今思いついた屁理屈ちゃんで、実際は「ネタの大元を作ったのは去年の初め位であったため、どういうつもりでこういう演出にしたのかさっぱり思い出せない」というのが現実。でもこんな感じだった…、かも…?…?


Q.オクレ兄さんがロム兄さんのテーマを鳴らしながらオクレ兄さんの言葉でロム兄さんっぽく諭しててもうなに兄さんだかわかりません!
A.そも、ロム兄さんのテーマは冗談半分で付けたものなので、「後からそれっぽい感じのBGMを付けよう。取りあえずこれで仮止め♡」と悠長なことをやっていたら、HDがクラッシュし、二度とLADIOLINEのプロジェクトファイルをいじくる事が出来なくなってしまい、そのせいでそのまま本採用になってしまったというマヌケな経歴があります。人、それを不可抗力という…!!結局はオクレ兄さんです。


Q.イザークがP候補にいなかったのは何故?
A.らしい素材が無かった。ガンプラプロデュースで手一杯。

Q.なんでハイネとディアッカはニコルを妬んでいたの?
A.Gジェネワールドでとうとうニコルに声が付いてしまった為。しかし、バトルデスティニーだけでなくGジェネオーバーワールドにまでディアッカが復帰してしまった今となっては黒歴史的ネタ(もちろんディアッカにとってだけ)。ハイネに限ってはGジェネワールドでは声なしの敵キャラ。バトルデスティニーでは声は出るが一般兵ボイスで、さらにノーフェイスの緑服というもしかしたら過去最悪の扱いではないかと思ってしまう悲惨さ。彼はきっとGジェネオーバーワールドでも出演しないでしょう。ハイネとニコルの溝は深まるばかり。
ハイネ「チネッ」ラスティ「イネッ」アムロ「死ねぇ!!!」


新横浜にラーメン博物館がありますが、ラーメン食べ放題フリーダムパスポートは存在しません。悪しからず。
受付でその旨言おうものなら辮髪糸目のナイスミドルが現れて、キャメルクラッチでギッたんギッたんにされることでしょう。前回貴音の技にキャメルクラッチを入れるの忘れてしまったなぁ…。



【シリーズを終えて】
長い間、このシリーズをやってきて何度か挫折しかけた事がありました。
そんな時は、決まって呟く言葉があります。その言葉を、是非皆さんにご紹介したく思います。




『世界まる見え!テレビ特捜部』より、爬虫類捕獲のスペシャリストの女性の言葉。



「私は、爬虫類レディ。」

(爬虫類レディ、大トカゲの捕獲に失敗。このまま続けるかどうか聞かれた時の言葉)
「だけど私は爬虫類レディ。ここであきらめるわけにはいかないわ。」


爬虫類レディ、真顔である。そこ!笑うな、笑うなー!

相当昔に見た記憶があるけどいつ頃だったかはさっぱりわからない。でも何故だか覚えている。茶を吹きかけた事も。

一見すると「翻訳者まじめにやれ!」と言いたくなるストレートな訳。

しかし、その中で自分が何者であるか、自身の箔、またプライド、そして客観的視点から自分を見た場合の期待値を理解し、プロフェッショナルとしての意思表示を最低限の言葉で見事に表現してい…ねーよ!!

へっぽこだけど、なんとなく言っちゃう。そんでもってクスッとなる。ちょっと目の前が軽快になる、いいセリフ。
(ちなみにその後、爬虫類レディは大トカゲを捕まえました。)



さあて、ハイネプロデューサー、これにてシリーズ終了です。これで去年の宣言通りアイマス2をやっとこ始められる権利を手に入れ、その上アニマスも解禁されるという。今私、やっと自由だわ…!とても素直に、アイマスが見れる…!
raigetsuP.jpg


遅刻者へのノルマは多かった…。






【締めの言葉】
YOU ARE THE TOP OF IDOL!
you are the top of idol! 2.avi_000000166-1-1
「少年!これは、終わりではない! アイマス2を、始めるための…っ!!!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もともと雪歩もハイネも好きだったのですが、ハイネPの動画で二人のことをもっと好きになれました!
ハイネPの活動は終わってしまいましたが、ハイネ・ファンファーレさん両名の今後の活躍に期待しております
自分はモバマスでちびちびと雪歩をプロデュースしております
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

phanphare

Author:phanphare
ニコニコ動画でMAD動画を制作しているファンファーレです。主にガンダムSEEDの動画を作っております。ハイネプロデューサーシリーズ制作終了につき、ハイネプロデューサーシリーズを制作しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: